1. 料理
    2. 破裂しないように、ししとうを下ごしらえする方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    破裂しないように、ししとうを下ごしらえする方法

    串揚げや天ぷらなどに入っていると、なんとなく嬉しいのがししとう。おかずに使うと「お料理上級者」という感じが出ていいですね。しかし、家庭では使う機会がそれほど多くないせいか、下ごしらえのやり方を知っている人は少ないのではないでしょうか。「えっ、下ごしらえなんて必要あるの?」と思うかもしれませんが、ちゃんと処理をしないと破裂する危険性も。今回はししとうをおいしく食べるための下処理の方法を紹介します。

    ししとうはそんなに下ごしらえする必要がなさそうな食材に見えますが、実はちょっとした下ごしらえを忘れると、破裂することがあります。

    そこで今回は、破裂しないようにししとうを下ごしらえする方法をご紹介します。

    ラクチンな調理で「ししとう」を食べるハウツーはこちらを!
    あと一品!簡単メニュー「パリパリおあげとししとうのシラス和え」の作り方

    破裂しないように、ししとうを下ごしらえする方法

    まずはしっかり洗う

    野菜を使用する上での基本ですが、しっかりと洗うこと。特にヘタをつけたまま天ぷらをする場合、ヘタの部分は汚れが残り易いので、丁寧に荒います。

    そのまま天ぷらする場合

    ヘタをつけたまま天ぷらし、齧ってヘタを残す食べ方をすることもあるかと思います。揚げるときも焼くときも、ししとうは処理をしないと破裂する場合があります。そのため、包丁の先でサクッと少し切れ間を入れておけば破裂しません。

    ヘタを取る場合

    ヘタを取って調理する場合、このまま使用するか中のタネを取るかを選択します。種を取らないと辛いという話も聞きますが、実際のところタネで辛さは変わりません。そのまま食べたいと言うことであればヘタを落とすだけで完了です。でも種を取ったほうが口当たりが良いと思う場合には、爪楊枝などを使用して、種をほじくり出します。

    炒め物にする場合

    二つに割って炒め物に使用する際は、口当たりが良くなるので中のタネを取り出します。種は手で簡単に取り除けます。

    おわりに

    とにかく、そのまま使用する場合には切れ目を入れることだけ忘れないように調理していただければ、破裂することはありませんので、この1点だけは覚えて置いてください。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人