1. 料理
    2. 炒め物やカレーで使う、じゃがいもの下ごしらえの方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    炒め物やカレーで使う、じゃがいもの下ごしらえの方法

    じゃがいもは色々な料理に使用される、とても身近な食材です。でもジャガイモは調理を誤ると、腹痛をおこすこともある食材でもあります。そこで今回は、炒め物やカレーで使うじゃがいもの下ごしらえの方法をご紹介します。

    準備するもの

    • 包丁
    • じゃがいも(使う分だけ)
    • 水を張ったボール

    炒め物やカレーで使う、じゃがいもの下ごしらえの方法

    STEP1

    まずじゃがいもを水でよく洗い、泥を洗い落とします。

    STEP2

    包丁で皮をじゃがいもに沿ってむいていきます。

    じゃがいもは日光に当たると緑色になります。これはじゃがいもが自然界で動物に食べられないための毒を持つためです。色が変わっているじゃがいもは、皮を分厚く剥いてください。

    STEP3

    芽の部分は残すと腹痛の原因となります。包丁の刃元の部分を芽に刺し、回すように芽をえぐりとります。

    STEP4

    皮を剥いたら水に漬け、アクをとります。

    水につけるのは色が変わることも防いでくれます。

    おわりに

    じゃがいもを使う大きさに切ってから水につけてもかまいません。よくある食材ではありますが、危険な部分もあるため注意が必要です。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人