1. 料理
    2. オクラの塩茹でをする際の下ごしらえの方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    オクラの塩茹でをする際の下ごしらえの方法

    はじめに

    オクラはそのまま茹でても食べられるのですが、ちょっとした下ごしらえで舌触りがかわり美味しくなります。そこで今回は、オクラの塩茹でをする際の下ごしらえの方法をご紹介します。

    オクラの塩茹でをする際の下ごしらえの方法

    STEP1

    まずオクラを選ぶときですが、表面に産毛がびっしり付いているものが新鮮です。また色が濃いものが味も濃いといわれています。

    STEP2

    下ごしらえする際にはチクチクして痛いので、ゴム手袋をオススメします。まず流れ水でオクラ同士を擦り合わせて洗います。このときにガクの部分も流します。

    STEP3

    洗ったオクラに塩をかけます。

    STEP4

    塩をもみこむようにオクラ同士を擦りあわせ、表面の産毛を取ります。

    STEP5

    揉みこんだ塩がついているので、このまま茹でれば塩茹でとなります。

    おわりに

    ヘタを取って塩茹でしてしまうと中に水が入ってしまうので、味が水っぽくなり栄養も抜けてしまいます。ヘタはつけたまま茹でてください。表面の産毛はチクチクするので、綺麗に取り除いたほうが美味しく頂けます。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人