\ フォローしてね /

カツオの中華風お造りの作り方

このレシピの生い立ち・おすすめ理由

カツオの旬は春(初鰹)と秋(戻り鰹)ですね。旬の魚はやはり生で食べるのが一番。一般的にはわさびやしょうがを利かせてしょう油で食べますが、たまには目先を変えて中華風にするのも美味しいですね。 今回はにんにくの風味を利かせた「中華風お造り」の作り方を紹介しましょう。生野菜を添えてサラダ風に盛り付ければおもてなしにもいけますね。香味しょう油を作るだけで手間要らず、とても簡単ですよ。 ##材料 (2,3人分)

  • かつお 1さく
  • 細ネギ 1,2本(予め刻んでおく)
  • にんにく 1片
  • 白ゴマ 適宜
  • レモン汁 小さじ1/2
  • しょう油 適宜
  • ゴマ油 大さじ1/2
  • サラダ油 大さじ1
  • つけ合わせ野菜 適宜

「カツオの中華風お造り」の作り方

STEP1: にんにくを揚げてにんにく油を作る

フライパン又は中華鍋にゴマ油とサラダ油を入れて、スライスしたにんにくをきつね色になるまで上げます。にんにくはパリッとするようにキッチンペーパー等で油を切っておきます。揚げ油は冷ましておきます。

STEP2: 香味しょう油を作る

容器にしょう油を入れ、レモン汁と先ほどのにんにく油をお好みの量加えて混ぜておきます。

完成!

皿につけ合わせの野菜と短冊に切ったカツオを並べ、カツオの上に刻みネギと白ゴマと揚げたにんにくを散らせば出来上がりです。香味しょう油で召し上がれ!
お好みで少しラー油をつけてもピリッとして美味しいですよ。カツオの他にも鯛など白身の魚やイカのお造りにも合います。是非試してみてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。