1. 料理
    2. ペーパードリップでおいしいホットコーヒーを淹れる方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ペーパードリップでおいしいホットコーヒーを淹れる方法

    時間がある時は、ペーパードリップでコーヒーを淹れてゆったりした時間を過ごしたいものです。ですが、おいしい淹れ方って意外と知らないような気もします。

    ここでは、ペーパードリップ式でおいしいホットコーヒーを淹れる方法を紹介します。

    用意するもの

    材料(2人分)

    • ペーパードリップ 1枚
    • ドリッパー 1つ
    • コーヒーを淹れるポット
    • コーヒー豆 30g
    • お湯 300ml
    スプーンはコーヒー専用のものがあり、1人分の15gが計れるものがあるので1本あると便利です。
    1人分150mlあたりコーヒー豆15gと覚えておきましょう。

    -

    コーヒーの淹れ方

    STEP1:ペーパードリップの折り方

    ペーパードリップをセットする前に、写真のように折っておきます。折ってから開くと丸く開きます。それをセットします。

    STEP2:コーヒー粉を入れます。

    ペーパードリップにコーヒー粉を入れます。

    ホットコーヒーの場合、150mlのお湯に中挽き豆15gのコーヒーが適量です。1人分を軽量できるコーヒー専用のスプーンがあるので用意しておくと便利です。

    150mlのお湯に15gのコーヒーが目安と覚えておきましょう。

    STEP3:(1投目)蒸らしをします。

    お湯をコーヒー粉に入れて蒸らします。約30秒はそのまま蒸らしておきます。粉全体にお湯が行きわたるくらいにしておき、そのまま待つことでお湯がコーヒー粉になじみます。

    蒸らしの時間は30秒。待つことでコーヒーがおいしくなります。

    STEP4:(2投目)お湯を注ぎます。

    「の」の字を描くようにお湯を注ぎます。1投目よりも多いお湯の量を使い、粉が膨らんでくるくらいいっぱい注ぎます。

    お湯の量が少なくなってきたら3投目に移ります。

    2投目のお湯がポットに落ち切らないうちに3投目に移ります。

    STEP5:(3投目)お湯を注ぎます。

    2投目と同じくらいお湯を注ぎます。お湯が落ち切らないうちにドリッパーを取ります。

    最後の1滴まで出すのではなく、お湯がドリッパーに残っているうちに取ってしまいます。

    おわりに

    コーヒー粉の分量を正しく入れることと、蒸らしの時間を取ることが大きなポイントで、他、2投目のお湯がポットに落ち切らないうちに3投目に移る、最後の1滴まで出し切らないことが基本ルールです。

    コーヒー粉は使う度にミルを使った方がいいのですが、我が家では密封できる容器に入れて保管しています。コーヒー専用計量スプーンなどコーヒーグッズは多く出ているので、多く飲む人はグッズを上手く利用しておいしいコーヒーを飲む工夫をすると、更においしいコーヒーを飲めるようになります。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人