\ フォローしてね /

少量も簡単!「コーヒーフィルターでつくる水切りヨーグルト」の作り方

水切りヨーグルト、おいしいのに健康的だと話題の食品です。我が家でも水切りヨーグルトをチーズケーキに混ぜたり料理に使っていますが、どうやって作っていますか?

最初はざるにキッチンペーパーを敷いて作るという雑誌の方法を実践していたのですが、できる量がとにかく多いです。ある時、これでいけるんじゃないかと試してみたのがコーヒーフィルターでの方法でした。我が家は2人家族なので、使い切れるちょっとの量を作りたい時にこの方法が役立っています。

用意するもの

  • 水切りしたいヨーグルト 適宜
  • スプーン 1個
  • コーヒーフィルター 1枚
  • 紙フィルター 1枚
  • ホエーの受け皿(ガラスポットを使用) 1個
  • 電子レンジ用の蓋(あれば) 1枚
ホエーの受け皿は浅いものより、余裕を持った少し深めのものがおすすめです。我が家では、サイズがぴったりのガラスポットを使用することが多いです。

「コーヒーフィルターで水切りヨーグルト」のやり方

STEP1:フィルターをセット

紙フィルターをセットします。

STEP2:ヨーグルトを量って入れる

作りたい分だけフィルターに入れます。

STEP3:30分ほど放置

そのまま30分ほど放置するのですが、その間、電子レンジ用の蓋をかぶせてほこりよけにしています。

なくてもいいですが、あれば使ってみてください。

完成したものは、そのまますぐ使うか密閉容器に入れて冷蔵庫で保存してください。

できたての水切りヨーグルトはもちもちっとしていてクリームチーズのような味わいです。

おわりに

ちょっとの量を作りたいなら、放置しておけばいいので手軽にできます。使う分だけちょっとだけ作りたいというなら、このコーヒーフィルターで作る方法がおすすめです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。