1. 料理
    2. スーパーで新鮮で美味しいレタスを見分ける方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    スーパーで新鮮で美味しいレタスを見分ける方法

    サラダと言えばシャキシャキのレタス。みずみずしくて歯ざわりの良いレタスは忙しいときにも重宝しますよね。

    一方で比較的足が早い(傷みやすい)食材でもあります。だからこそ、出来れば新鮮なものを購入したいですよね。

    今回はスーパーでレタスを買うときに、新鮮で美味しいレタスを見分ける方法をお届けします。

    新鮮で美味しいレタスを見分ける方法

    持ったときに軽い

    持ったときに重いほうがいいとされる食材は多いですが、レタスは反対。持ったときに軽いほうが美味しいレタスになります。

    色が薄い

    こちらも濃いほうがいい食材が多いのですが、レタスは反対。色が濃いほど苦味が多めなので薄いものを選びましょう。

    ふんわりとまとまっている

    レタスはキャベツと反対で、ぎっしりつまって丸まっているよりもふんわりとまとまっているもののほうが美味しいです。

    芯の切り口が白い

    これはスーパーで切ってたらわからないのですが…芯が白いほうが新鮮です。赤色→茶色と変色していくので、参考までに。

    芯が大きくない

    芯は小さめなほうが美味しいです。裏返して見てみましょう。

    可能な限り1玉

    少し見分け方からはずれますが、レタスは切り口から傷みやすいので可能な限り1玉で買ったほうが賢明です。使うときも1枚ずつ剥ぐようにして使いましょう。

    おわりに

    レタスはちぎった後水にさらして、そのまま冷蔵庫で冷やすとよりしゃっきり美味しくいただけます。少ししんなりしたものは炒めものに使っても。

    美味しいレタスに出会うためにチェックしてみてください。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人