\ フォローしてね /

おいしいぶどうの見分け方

このライフレシピのもくじたたむ

6月から10月にかけて旬なぶどう。みなさん食べるのならできればおいしいぶどうを食べたいはずです。ここでは、簡単にできるおいしいぶどうの見分け方を紹介します。

おいしいぶどうを見分ける方法

ポイント1:触って見分ける

触ってみてぶどうがおいしいか見分けるポイントは

  • 実に部分に張りがあるもの
  • 水っぽくないもの

などがあります。

ポイント2:見た目で見分ける

ぶどうを見ておいしいか見分けるポイントは

  • 軸が太く青いもの
  • 実の色が濃いもの
  • 実同士の間隔があいているもの
  • 表面に白い粉が付いているもの

などがあります。スーパーで売っているぶどうなどは触るのができない場合もあるので、見るだけでおいしいか見分けることが重要です。

ポイント3:品種の違い

ぶどうには多くの品種があり、品種によって味や香り、実の大きさなどが違っています。ここでいくつかの品種を紹介します。

  • 巨峰:甘みが強く、多汁で酸味が適度
  • デラウェア:香りが少なめだが、甘みが強く、多汁で種がない
  • ピオーネ:酸味が少なく、甘みがあり、歯触りのよい食感
  • マスカットベリーA:甘みが強く濃厚、赤ワインの原料として使われる
  • 甲州:香りは控えめで、酸味がやや強い

おわりに

スーパーなどでぶどうを買うとき、以上の点に注意してぶどうを選んでみてください。

(image by 写真AC)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。