\ フォローしてね /

6つの折り紙が合体して完成!折り紙でくす玉を作る方法

折り紙でくす玉というと難しくて手間がかかると思われがちですが、いろんな作り方があって中にはそこまで難しくなくできるものもあります。

超簡単というわけではありませんが、完成すれば美しく飾るのにも耐えられる素敵なくす玉の折り紙での折り方を紹介します。

くす玉は、6枚のおり紙で作ります。この記事では、「ユニットの作り方」「ユニットの組立て方」の順で説明していきます。

用意するもの

  • 折り紙 12cmまたは15cm 6枚
できればダブルカラーの折り紙の方がきれいです。
  • ボンド または 両面テープ
  • リボン 30cmくらいの長さ

ユニットを作成する

STEP1:白色の面を上にして対角線に折り筋をつける

白色の面を上にして対角線に折り筋をつけます。

STEP2:縦と横にも折り筋をつける

縦と横にも折り筋をつけます。

STEP3:縦の中心線に向かって折る

縦の中心線に向かって折ります。

STEP4:中心線に向かって上下部分を谷折りにする

中心線に向かって上下部分を谷折りにします。

STEP5:点線で示した部分を折る

点線で示した部分を折ります。

下も同じように折ります。

STEP6:四隅を開いてからつぶすように折る

四隅を開いてからつぶすように折ります。

こんな感じです。

STEP7:四隅を鶴を折るのと同じように折る

四隅を鶴を折るのと同じように折ります。

ユニットの完成

これでユニットが完成です。全部で6枚作ります。

ユニットを組み立ててくす玉を作る

STEP8:ユニットを6枚用意する

ユニットを6枚用意します。

STEP9:四隅を開いてダイヤモンドの形にする

四隅を開いてダイヤモンドの形にします。中心部の中に両面テープを付けてお花が開かないようにします。

STEP10:裏に返して四隅を谷折りにする

裏に返して四隅を谷折りにします。

STEP11:最初に5枚だけ組み立てる

最初に5枚だけ組み立てます。

STEP12:ひとつめのユニットの四隅に両面テープをつける

ひとつめのユニットの四隅に両面テープをつけます。

STEP13:ふたつめのユニットの隅とくっつける

ふたつめのユニットの隅とくっつけます。同じよう残りのユニットをくっつけていきます。

5つのユニットを付けるとこんな感じになります。

STEP14:横に接しているユニット同士を組み立てる

横に接しているユニット同士を組み立てます。三角の穴ができます。

同じように残りの4つのユニットも組み立てます。

こんな感じです。

五つのユニットを組み立てるとこんな感じになります。

STEP15:完成!''

最後のユニットを組み入れ、リボンをつけたら出来上がりです。

作ってもよし、飾っても良し

シンプルですが凝っているように見えますよね。リボンをつければクリスマスのオーナメントとして使えます。お友達に贈ってもいいですね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。