\ フォローしてね /

スティームド(蒸す方法)の目玉焼きの作り方

目玉焼きには大きく分けて2つの焼き方があります。黄身を固めない片面焼きと、黄身まで固焼きする両面焼きです。でも片面焼きなのに黄身の固め方を自在に調整する焼き方があります。

それではスティームドと呼ばれる目玉焼きを蒸してつくるの作り方をご紹介します。

用意するもの

分量について

1人分の分量です。

材料

  • 卵          1つ
  • オリーブオイル    少量
オリーブオイルは、他の油でも代用できます。またバターを使用していただいても美味しいです。

目玉焼きを蒸すスティームドの作り方

STEP1

中火のフライパンにオリーブオイルを引き、卵を入れる前に弱火にします。

フライパンが高温になりすぎている場合は、卵が焦げてしまうかもしれませんので、少し冷ましてから使用します。

STEP2

フライパンに卵を低い位置から割り落とします。

高い位置から割り落とすと黄身が割れ易くなるだけではなく、白身が広く薄くなるため固くなります。

STEP3

少量の水を入れて蓋をし、蒸し焼きにします。

蒸し時間を短くすれば全体的に柔らかい焼き上がりに、長めに蒸せば黄身まで固めることができます。

STEP4

蓋を開けて焼け具合を確認します。

STEP5

皿に盛り付けて完成です。

おわりに

見た目は黄身の上に白い膜が出来ているのが通常の片面焼きとの違いです。でも黄身が程よく固まった半熟であることと、調理時間が短いという利点があります。

ただし目玉焼きは、どの焼き方が優れているということも無いので、お好みの焼き方を見つけてみてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。