1. 料理
    2. 自宅で手作り!鮭フレークの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    自宅で手作り!鮭フレークの作り方

    市販の鮭フレークは簡単に手作りできます。鮭フレークがあれば、ご飯のお供に、3色丼に、ふりかけにと便利な使い勝手があります。また、鮭フレークを手作りで作ったら家族のテンションも上がります。

    費用も100円程度で作ることができるものなので、鮭が安い時に作ってほしいレシピです。

    用意するもの

    材料(鮭1匹分)

    • 塩鮭(かま) 1匹分
    • 中華あじ 少々(小さじ1/4以下)
    塩鮭は普通の切り身でいいです。今回は、大きなかまの塩鮭が安かったのでそれを作っています。作ったところ瓶1本分になりました。

    「鮭フレーク」の作り方

    STEP1:鮭を加熱する

    耐熱容器に水大さじ1、鮭を入れ、蓋をして600Wの電子レンジで3分間加熱します。

    蓋がない場合はラップをふんわりかけてください。
    水の代わりに酒でもいいです。

    STEP2:身をほぐす

    スプーンで身をほぐしながら、骨、小骨を取り除きフードプロセッサーに入れます。

    手でほぐすのもいいですが、スプーンでほぐすとやりやすく手も汚れません。

    STEP3:粉砕

    中華あじを入れ、

    フードプロセッサーで30秒ほど粉砕します。

    身がほぐれるくらいが目安です。

    フレーク状になっています。

    STEP4:再加熱

    粉砕したフレークを再度耐熱容器に入れ、蓋をせず、600Wの電子レンジで1分30秒加熱します。

    蓋をせず加熱することで、水分が蒸発してぱらっとした質感になります。加熱時間は好みに合わせて調整してください。

    STEP5:完成!

    できたものは煮沸消毒しておいた瓶につめて完成です。市販のものより保存期間は短くなりますが、1週間程度は冷蔵庫で保存が効きます。

    おわりに

    鮭をただ焼くだけではなく違った方法で食べたい時、買った塩鮭が少し塩辛かった時、鮭が安く売っていた時に使えます。

    手作りすると、味も薄味にできたり市販品より安くなったりといいことが多く、想像よりも簡単にできるので一度作ってみるのもいいでしょう。

    Twitterで紹介!

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人