\ フォローしてね /

ついつい食べたくなる!「絶品・大学芋」の作り方

さつまいもを購入すると、シーズンに一度は作りたくなる大学芋。ですが、大学芋になかなか上手く蜜を絡められない!なんていう悩みはありませんか?そのコツは、意外に思うかもしれませんが「油に砂糖を入れる」だけなんです。

ここでは、簡単な手順で絶品な大学芋を作る方法をご紹介します!この方法で、お店で売っているような美味しい大学芋を作ってみてくださいね。

用意するもの

材料(1本分)

  • さつまいも 1本
  • サラダ油 大さじ4
  • 砂糖 大さじ4
  • 黒いりごま 適宜(トッピングに使用)
今回はさつまいもでもむらさき芋を使いました

「絶品・大学芋」の作り方

STEP1:さつまいもの下処理

さつまいもは洗い、端を切り落として皮つきのまま乱切りにします。

STEP2:油に砂糖を入れる

フライパンにサラダ油と砂糖を入れて加熱します。

砂糖は後から絡めるのではなくて、最初から油と混ぜてしまいます。
1本なら卵焼き器で作ることができます。

STEP3:揚げる

さつまいもをフライパンに入れ、180度の温度で2分間揚げます。

泡が立つくらいの温度で中火で加熱します。

STEP4:裏返して揚げる

2分経過したら、違う面を2分揚げます。

STEP5:バットにとって、ごまをかける

両面揚げたらバットにとってごまをふります。外側は最初は溶けた砂糖ですが、固まってきてパリッとしたカラメル状になります。

熱いうちはねっとりした砂糖の層が冷めると固まります。

固まったらお皿にもって完成です!

おわりに

揚げる油に砂糖を入れる?と思いますが、それがうまくさつまいもの表面についてカラメルっぽくなります。熱いうちはねっとりした層も冷めるとパリパリで売っている大学芋のようになりますよ。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。