1. 暮らし
    2. 今さら聞けない?洗濯機別「柔軟剤の正しい使い方」と「おすすめの柔軟剤」

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    今さら聞けない?洗濯機別「柔軟剤の正しい使い方」と「おすすめの柔軟剤」

    皆さんは、洗濯をするとき、柔軟剤を使っているでしょうか。洗浄剤に柔軟剤が入っているから…と合わせて使っていない人もいるかもしれませんね。

    しかし、しっかり柔軟剤を使うことで、洗濯物のごわごわや独特のニオイを防ぐこともできます。今回は、柔軟剤の正しい使い方について、紹介します。

    柔軟剤を使うメリットとおすすめアイテム

    • 肌触りが良くなる
    • 衣類やタオルがふんわりする
    • 静電気の予防になる
    • 嫌なニオイを防ぐ
    • いい香りになる

    柔軟剤を使うとこれらのようなメリットがあります。製品によっては、どれかに特化しているものもあるので、お好みに合わせて選ぶのがいいでしょう。おススメの柔軟剤はコチラです。

    レノアハピネス

    日本ではレノアが人気です。こすれるたびに、香りがはじけるマジックビーズ配合なので、着る時にふわっと香るのがいいところです。

    男性の場合は「レノア プラス 柔軟剤 フレッシュグリーン」がおすすめ。タバコの臭いや加齢臭も消臭してくれるので男性特有の臭いが気になる方にはうってつけ。

    ソフラン

    続いて、ソフランも人気。イヤなニオイを消臭し、天然アロマが楽しめる柔軟剤です。

    男性の場合は「フレッシュフルーツアロマの香り」がおすすめ。汗をかきやすい男性にぴったりのさっぱりと爽やかな香りで印象も◎です。

    ダウニー

    アメリカではダウニーが人気。日本でも一気に有名になりましたね。数ある柔軟剤の中でも匂いが強く、脱ぐ時までしっかり香るのが特徴です。

    おすすめは定番のエイプリールフレッシュ。柔軟剤の香りにずっと包まれていたい!男女ともに、体臭が気になるという人にはおすすめです。ビッグサイズがあるのもいいですね。

    ランドリン

    この柔軟剤は香水マイスターという香りのプロがつくった柔軟剤。香水のような優雅な香りが香りなのに、きつくならず気持ちよく楽しむことができます。

    男性には「クラシックフローラル」がおすすめ。香りの持続力もあり、着替えた瞬間にも癒されてしまいますよ。

    柔軟剤の使い方

    基本的には、最後のすすぎのときに入れて、使います。しかし、洗濯機の種類によって入れるタイミングが違いますので、注意しましょう。はじめから入れてしまうと柔軟剤も洗い流されてしまうので効果が半減してしまいます。

    全自動洗濯機の場合

    全自動洗濯機を使っている人が多いと思いますが、洗濯の前に、「柔軟剤を入れる投入口」に、柔軟剤を入れておくと、すすぎのときに自動的に柔軟剤が投入されます。

    それ以外の洗濯機の場合

    最後のすすぎの際に、すすぎの水がきれいになってから、柔軟剤を入れます。それから、1~2分、洗濯機を回し、脱水します。

    手洗いの場合

    手洗いをし、しっかりすすぎます。そして、最後の水に柔軟剤を入れて(2~3分浸けておき)よく絞ります。すすぐ必要はありません。柔軟剤は、すすぐと全部流れてしまい、効果がなくなってしまいます。

    柔軟剤を使う際の注意点

    柔軟剤を使っても、洗濯をしてそのままにしておいたり、部屋干しをしたり、外に長く干していると、他の匂いがつくことがあります。また、雑菌が繁殖して悪臭を放つことも。外に干して、乾いたら、早めに取り込むようにしましょう。

    おわりに

    お風呂上りのふわふわのタオル、白いシャツを着たときの心地いい香り。ほんのちょっとのことで、小さい幸せを感じることができます。正しく柔軟剤を使って、生活をちょっとだけ豊かなものにしましょう。

    (image by 足成)
    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人