1. 暮らし
    2. 元営業マンが教える、ハウスメーカーで家を建てるときの営業マン選びのコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    元営業マンが教える、ハウスメーカーで家を建てるときの営業マン選びのコツ

    住宅の営業マンをしていました。家をハウスメーカーで建てるときは、もちろんメーカー選びが一番重要ですが、実は営業マン選びも重要になってきます。今日は、営業マン選びのコツを紹介します。

    営業マン選びは本当に重要

    一緒に家を建てていくことを考えると、1年近くの長い付き合い、メンテナンスの窓口にもなってもらうことを考えるともっと長い付き合いになります。できれば、いい営業マンと出会いたいものです。

    実力もですが、フィーリングも大切

    仕事の進め方、打ち合わせの方法など、実力がある営業マンがもちろんいいですが、営業マンとのフィーリングが一番大切だと思います。

    素直に言いたいことが言えるか、誠実でかけひきが少ない人か、他の家族と気が合うか、すぐに動いてくれるか、などを総合的に判断して、信頼できる人を選ぶようにしましょう。

    個人的な意見ですが、ベテランは仕事は早いし、落ちも少ないですが、抱えている物件が多いので、それよりは、中堅の誠実そうな人か、経験は少なくても、一生懸命対応してくれる人がいいと思います。

    ただし、経験が少ない営業マンは、上司や設計担当などのサポートがどれだけあるかを確認してください。

    同じメーカー、展示場でも営業マンが違う

    気に入ったメーカーがあったら、何度も見に行く

    気に入ったメーカーがあったら、そのメーカーの別の展示場に行ったり、同じ展示場にもう一度行ったりしましょう。営業マンもたくさんいますので、何人か会ってみて、一番いい人に決めましょう。

    同じ質問をしても、みんな少しずつ対応が違います。特に、難しい質問をしたときに、その営業マンの力量や人間性が出てきます。すぐに答えられなくても、調べてからすぐ連絡をくれるような人はいいと思います。

    気に入った営業マンがいたら、担当した物件を見せてもらう

    物件をチェックしつつ、営業マンもチェック

    気に入った営業マンが担当した過去の物件を見せてもらいましょう。そのお客さんと営業マンの様子から、営業マンの人間性が見えてきます。お客さんの対応がよかったら、信頼できる営業マンだということです。

    おわりに

    できれば、打ち合わせが楽しみになるような営業マンを選びたいものです。いい営業マンに出会って、素敵な家が建つことを願っています。

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ