1. コミュニケーション
    2. 飲み会で小さな笑いを取る方法〜乾杯編

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    飲み会で小さな笑いを取る方法〜乾杯編

    乾杯や注文など飲み会でよく使う言い回し、これをちょっと変えただけで小さな笑いを取る方法をご紹介します。大爆笑を狙いにいかず、小さな笑いを重ねていって場を温め続けましょう。

    今回は乾杯編です。

    1:頭のツカミ

    本来、会の趣旨などを言うところですが、どうでもいいことでみんなが集まったことにしましょう。

    例)「本日は僕の実家の猫の誕生会に皆さんお集まり頂きありがとうございます。」

    「えっ、猫飼ってるんですか〜」と、後の会話につながりやすいボケを選ぶのもポイントです。

    2:挨拶の締め方

    一通り普通の挨拶をしたあと、最後はこんな一言で締めてみましょう。

    「それでは皆様グラスを持ちまして…万歳三唱をしたいと思います」

    グラスを持ったまま右往左往したりツッコミをいれられればしめたもの。締めの挨拶の場面で「皆様グラスを持ちまして…一本締めで」という応用も可能です。

    3:事有るたびに乾杯

    乾杯は会話のフォローにも使えます。

    誰かが寒いことを言ったり、身も蓋もない発言をしたり、逆にちょっとうまい事を言ったりしたときも、いいフォローに困ったらとりあえず「かんぱーい!」とグラスを出しましょう。

    大抵みんな笑いながらのってくれます。乾杯で場が一旦リセットされるので次の話題に移りやすい、というメリットもあります。

    全体を通したポイント

    基本的に真顔で行うのが効果的です。「面白いこと言うよ~」という空気を出さず、まさかというところで突然ボケることで笑いを誘いましょう。

    おわりに

    小さな笑いを積み重ねてよい飲み会ライフを!かんぱーい!

    今回ご紹介した小ネタは爆笑ではなく、あくまで小さな笑いをとるものです。結婚式などの大きな舞台では大変なケガをする場合があります。ご注意ください。
    このライフレシピを書いた人