1. 暮らし
    2. お米に虫が付かないようにする保存方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お米に虫が付かないようにする保存方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    「白い米の中に小さな黒い粒を発見、よく見ると動いてる、え?虫!?」

    そんな悲しい体験は誰だってしたくないものです。

    筆者も一人暮らしをしていたころ、米に虫が付いてしまい悲しい思いをしたことがあります。ここでは、筆者が苦い経験から習得した、米に虫を付けないための保存方法をご紹介します。

    用意するもの

    • 米びつ(タッパータイプの物)
    • 虫よけ(もしくは鷹の爪とお茶用のパック)
    • 清潔な布巾
    • 除菌スプレー

    米の保存方法

    STEP1:米を米びつに移す

    買ってきたお米は必ず袋から出して、米びつに移しましょう。袋のままだと虫が袋を食い破って侵入することがあります。米びつは密閉度の高いタッパータイプの物がお勧めです。

    よく洗って乾燥させたペットボトルでも代用できます。

    STEP2:虫よけをセットする

    虫よけは市販されている米びつ用の虫よけを使っても良いですし、鷹の爪を使って自作することもできます。

    上の写真は、市販されているものです。米びつの蓋に張り付けて使用します。

    鷹の爪を使う場合は、お茶用のパックに入れて米櫃の中に入れます。鷹の爪の刺激で虫が寄り付きにくくなります。

    STEP3:米びつは清潔に保つ

    米櫃の中のお米を使い切ったら、次のお米を入れる前に米びつの掃除をしましょう。一見分からなくても、虫の卵が植え付けられている可能性があるからです。

    除菌スプレーを吹き付けた清潔な布巾で米びつを拭きます。スプレーは食器や調理器具に使えるものを選びましょう。

    おわりに

    虫は暖かい場所が大好きです。米びつの置き場所は冷蔵庫や電子レンジの近くを避け、なるべく風通しの良いところを選びましょう。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人