1. 暮らし
    2. 慣れないうちは使い辛い!缶切りの基本的な使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    慣れないうちは使い辛い!缶切りの基本的な使い方

    缶切りの基本的な使い方を知っていますか?最近では、プルタブ付きの手で開けられるタイプの缶詰めが主流なので、缶切りを一度も使ったことがないという方も意外と多いのではないのでしょうか。栓抜きやコルク抜きと一緒に台所の片隅にねむっている、ちょっぴり出番の少ないお料理道具、缶切り。スーパーで買い物をして、帰ってからよく見たら昔ながらのタイプの缶詰めだった!というピンチのために、そんな缶切りを使って缶を開ける方法をご紹介します。
    nanapi
    このライフレシピのもくじたたむ

    缶を開けるのに、なくてはならない缶切りですが、慣れないうちは使いにくかったりしますね。

    ここでは、基本的な缶切りの使い方をご紹介していこうと思います。

    尖っている部分があるので、怪我をしないように気をつけてください。

    やり方

    STEP1:缶切りの引っ掛けるところを見つける

    缶切りには、写真のように引っ掛ける部分があります。

    まずは、この部分を見つけておきましょう。

    STEP2:缶のフチに缶切りを引っ掛ける

    引っ掛ける部分を確認したら、さっそく写真のように、缶切りを缶のフチに引っ掛けましょう。

    固定されたら準備完了です!

    STEP3:缶切りを前に押し倒す

    缶切りの尖った部分を缶に押し当てるように、前にググッと傾けて缶の中にさしこみます。缶切りの尖った部分が、缶の中に入れば成功です。

    ここまでくれば、あとは同じ作業の繰り返しです。

    上体を起こし、缶切りを少し後ろにずらして、再び尖った部分を缶に押し当て傾けます。そのまま傾けていくと、また缶の中に尖った部分がさしこまれます。

    これを繰り返していくことで、缶はどんどん開封されていきます。

    STEP4:完成!

    切り込みが入るほど、フタはだんだん浮いてきます。あとは浮いたフタを開けるだけです!こんな風にすぐに缶詰めを開封できちゃいます。慣れれば簡単ですよ。

    フタの部分は手を切りやすいので、開けるときには注意してくださいね。缶切りの尖った部分をフタの隙間に差込んで開けると、簡単に開きますし、怪我をする心配もなく安心です。

    本体とフタを全て切り離してしまうと、フタが開けにくくなるので、写真のように、切らない部分を3cmほど残しておきましょう。

    いざという時に役立つ

    缶詰めは保存もききますから、災害時など、電気やガスが使えなくなったときにも役立ちますよね。

    いざという時のために保管している方も多いかもしれません。今は簡単に開封できる缶詰もありますが、そうでないものは、缶切りがなければ簡単には開封できません。

    缶詰めだけでなく、缶切りも忘れず管理しておくようにしましょう!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!