1. 趣味
    2. 一眼レフカメラでこども写真をうまく撮る撮影方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    一眼レフカメラでこども写真をうまく撮る撮影方法

    こどもの自然な表情が撮りたい!…そんな、お父さん、お母さん向けの一眼レフカメラ撮影テクニック!一眼レフでなくても可能な笑顔スイッチのお話とコンデジでもカメラの設定をいじれる場合は十分出来ますよ!

    ブレずに撮る設定!

    STEP 1

    手ぶれしない設定を入れるため撮影ダイヤルをTVもしくは Sに設定。

    STEP 2

    動き回るこどもを止める為に高速シャッターを使います!シャッタースピードを屋外1/500以上に。室内は光が足りない環境の為1/250を目安に設定しましょう。

    ※ 画像赤枠の部分がシャッタースピードです。 1/500 or 1/250に。

    1/250の場合:ある程度足が速くなったり近くで走ったりするとぶれる可能性があります。

    STEP 3

    AF・DRIVEをAIサーボ 高速連続撮影に設定。そうすると動き回る被写体にピントを合わせ続け、連射する事によりあとでいいカットが選べるようになります。

    STEP 4

    ISOをAUTO (AUTOが無ければ下記参照)に設定。

    室外日中 200 or 400 室外日陰・室内日中 400 or 800 室内 800-3200 ※事前にテスト撮影して明るさチェックを忘れずに。

    こどもと同じ目線で遊びながら撮ろう!

    笑顔や表情のスイッチを入れる!

    新生児のときは意外とベビーマッサージすると表情が崩れたりしますし歩き回ったり走るようになったら思いっきりくすぐって、逃げた瞬間や楽しんでいるところを撮ると普段と違う写真が撮れたりします!

    撮影の為くすぐる了承は、ご家族に得てからお願いします。

    お話するだけでもいいんです!一緒に遊ぼう!

    スイッチが入ればあとは隣で一緒に遊びながら撮りましょう!お絵描きやおもちゃなどなるべく一緒に隣で遊びながら撮ると話しかけられたり何か渡されたりしますよね。その瞬間をカメラを構えてファインダーの中でこどもから目を離さないように(なにかあっても対応出来るように)しながら待てばOK!

    遊んでいるときに真横ではなくこどもの表情が見える位置にいるとGOOD!

    おわりに

    筆者が友人のこどもや撮影依頼時に実際にやっている方法を記載してみました。ひとみしりや、はずかしがりな子は今回の方法だけではカメラが苦手だったりしてうまく撮れないケースもあるかと思います。そんなときの撮影方法などもご希望があればまた記載してみようかと思います。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人