\ フォローしてね /

生おからの冷凍保存方法

著者はよくお料理におからを使うのですが、よく目にする生おからは、分量が400g~と、けっこうな量が1パックになったものが多く、一度に使い切れないことがほとんどです。皆様の地域では、いかがでしょうか?

また、賞味期限も2~3日と短く日持ちしないため、購入したら使わない分はすぐに冷凍保存するようにしています。

今回は、著者が普段行っている、生おからの冷凍保存のやり方についてご紹介いたします。

用意するもの

  • 生おから
  • フリーザーバッグ

おからの冷凍保存の方法

STEP1

生おからをフリーザーバッグに入れ、空気を抜いてチャックを閉めます。

日付を入れておくと、いつ購入し冷凍したものなのかがパッと見て分かります。

STEP2

生おからは、冷凍すると水分が多いためカチカチに固まるので、小分けに使えるよう、箸など棒状の物で跡をつけておきます。

跡をつけておくことで、必要な時に必要な分だけ取り出して使うことが出来ます。

STEP3

冷凍庫で平らな状態で冷凍保存します。完全に冷凍され固まったら、立てて保存しても良いでしょう。

冷凍保存期間は約1ヶ月です。実際には、もう少し日持ちしますが、あまり長い期間の保存は、冷凍庫の臭いが移ってしまったり、品質が落ちますのでおススメはしません。

解凍の仕方は、おからを使う前日か半日前に必要な分を、パキッと割って取り出し、冷蔵庫で自然解凍させて、普段通りに調理してお使いになれます。

おわりに

おからも冷凍保存してしまえば、かなり日持ちしますので。使い切れなくて捨ててしまったなんていうことは無くなりますよ。ぜひ、お試しください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。