\ フォローしてね /

パン作り「ストレート法」のやり方

製パンでも、初心者に一番やりやすいのが「ストレート法」と言われます。この「ストレート法」について紹介します。

ストレート法とは

ストレート法とは一気に材料を合わせて混ぜてパン生地を作っていくものです。パン生地は強力粉をはじめ砂糖、塩、イースト、水、牛乳、バターなどが必要ですがそれを一気に混ぜるので簡単です。

「ストレート法」以外に「中種法」、「発酵種法」もあります。

-

ストレート法のやり方

STEP1:手ごねの場合

ボウルを用意し、そこに生地材料をすべて入れ、こねていきます。

生地をまとめてパン生地にします。

STEP2:ホームベーカリーの場合

材料を全て機械に入れてセットします。イースト投入口が別の場合はイーストは別の場所に入れます。

ホームベーカリーはそのまま焼成できます。

メリット・デメリット

メリット

一気に作ることができます。時間も短縮でき、手間もかからないので手軽に作ることができます。

他の製法よりも手軽に作ることができます。

デメリット

他の製法では、2回のこね、発酵しておいた生地を混ぜて作ることで風味を良くしています。一気に作るので、風味は他の製法よりも劣ると言われています。

他の製法よりも風味は劣ると言われます。

向いているパンの種類

食パンや菓子パンが向いています。

家庭用パンで焼きたてかもしくは翌日中に食べきれる場合はこのストレート法でも十分おいしくいただけます。

おわりに

ホームベーカリーのパンが翌日は固くなってしまうのは、このストレート法で作っているからだそうです。ですが、材料を一気に入れて焼くことができるのはとても手軽です。

最初はこのストレート法で作ってみて、徐々に違う製法に試していくのがいいかもしれません。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。