\ フォローしてね /

給料日前の救世主!わがやのお好み焼きの作り方

はじめに

主な材料がきゃべつと小麦粉にも関わらず、おいしくできてしまうところが魅力のお好み焼き。材料費が安く、本格的な味が味わえてしまうのでわがやでは定番のメニューになっています。

作り方も簡単。アバウトでおいしくできてしまうところも魅力のひとつです。みんなでプレートを囲んでわいわいするときにもぴったりです。

ではここではわがやで定番のお好み焼きの作り方を紹介します。

材料 (4から5人分)

  • 小麦粉400g
  • 水400から500cc
  • 卵1個
  • だしの素1袋
  • きゃべつ中1個
  • ねぎ半分
  • いか1杯

<食べるときの調味料>

  • ソース
  • マヨネーズ
  • 削り節
  • 青のり
  • 味の素

お好み焼きの作り方

STEP1:材料を細かく切ります。

きゃべつは5mmから1cmくらいの厚さそして3cmから5cmの長さに、ねぎは細かく、いかも1cmくらいの大きさに切ります。

この大きさでなくても、ある程度小さく切ればおいしくできます。

いかは少し凍らせて体とゲソを切り離します。凍らせて少し解凍してから内臓と骨を取り除くと汚くならずにきれいに取り出せます。

STEP2:泡だて器で小麦粉を混ぜる

ボールに小麦粉を入れ泡だて器で混ぜます。こうすることによりふるいをかける必要がなくなります。

STEP3:だしの素を入れて混ぜる

ボールにだしの素を入れてさらに混ぜ合わせます。

STEP4:卵と水を入れて混ぜる

さらにボールに卵と水を入れて混ぜ合わせます。

STEP5:刻んだ材料をボールに入れて混ぜる

STEP1で刻んだ材料をSTEP4のボールに入れてヘラなどで混ぜ合わせます。これでお好み焼きのタネの完成です。

STEP6:焼いて仕上げる

STEP5のタネをホットプレートかフライパンで焼きます。焼き時間は片面だいたい180℃で5分程度、230℃で3分程度です。片面焼けたら裏返してさらに焼きます。

完成!

<食べるときの調味料>を好きなようにかけていただきます。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。