\ フォローしてね /

種類いろいろ!お菓子作りに適した砂糖の選び方

このライフレシピのもくじたたむ

手作りお菓子に欠かすことのできない基本材料の砂糖。

砂糖はただ甘味を付けるだけではなく、卵の泡立ちを安定させたり、乾燥を防いだり、綺麗な焼き色や風味を付けるなど、様々な役割を果たしています。

一口に砂糖と言っても様々な種類があります。それぞれの砂糖の特性を知り使い分けるとお菓子作りがもっと楽しくなると思います。

砂糖の種類と特徴

1:上白糖

家庭にある砂糖の中でもっともポピュラーな砂糖ではないでしょうか。

お菓子がしっとりと仕上がりますのでスポンジ系のお菓子作りに適しています。

グラニュー糖よりも甘味が強いので、グラニュー糖の代用で使う場合は量を調節した方がよいです。

2:グラニュー糖

精製度が高くサラサラしていて上品な甘味があります。

さくさく感のあるクッキー作りや、透明度の大切なゼリーなどに適しますが、様々なお菓子作り全般に使える砂糖です。

海外で砂糖といえばグラニュー糖のことを指しますので、海外のレシピで砂糖としか表記がない場合はグラニュー糖を使います。

3:粉砂糖

グラニュー糖をパウダー状にしたもので、湿気を防ぐためにコーンスターチが加えられています。

サラサラとしたパウダー状の質感をいかしてデコレーションに使用したり、アイシングの材料にするなど、お菓子作りの仕上げとして使われることが多い砂糖です。

4:顆粒糖

よくヨーグルトの付属として付いている砂糖です。

冷たいものに溶けやすい性質がありますので冷たいデザートやフルーツなどに適しています。

余ってしまい使い道に困る人もいるかもしれませんが、上白糖やグラニュー糖と同等に使用することができます。

5:黒糖、黒砂糖

風味が強く、ミネラルを豊富に含んだ砂糖です。

独特のコクと風味がありますので蒸しパンや黒蜜、かりんとうなど素朴なお菓子作りに適しています。

お料理では煮物に適しています。

6:氷砂糖

半透明で大きな結晶の砂糖です。

果実酒などを作る時によく使われる氷砂糖ですが、ゆっくり糖度を上げながら溶けていく特性から果実シロップを作るのにも適しています。

おわりに

料理の基本「さしすせそ」、1番最初にでてくるのが砂糖です。

砂糖ひとつとっても色々な種類があります。その特性を理解して使い分けることできっとお菓子作りだけでなく料理の幅もぐっと広がるのではないでしょうか。

是非、参考にしてみてください!

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。