\ フォローしてね /

初心者でも楽しめるラグビーの楽しみ方

ラグビーとは紳士のスポーツ

屈強な男たちが肉体をぶつけあい得点を競う、汗と泥にまみれた激しいスポーツながら、「紳士のスポーツ」の称号を持つラグビー。

一度観戦すれば、その激しさと「紳士のスポーツ」と呼ばれる意味を体感できるはずです。

そんなラグビーを分かりやすく紹介します。

ラグビーならではの特徴

試合の話をする前に、ラグビーならではの特徴をお伝えします。

観客席は、敵味方関係なし

サッカーや野球と違って、観客席は応援するチームによって座る位置が分かれていません。試合中の鳴り物や応援歌等もないので、得点時に初めて周りが相手チームの応援者だらけだったと知る事もよくあります。

試合終了は「ノーサイド」

ラグビー精神の代名詞ともいえる「ノーサイド」。試合が終われば敵も味方も関係無し。それは観客も同じで、試合終了後は勝者も敗者もなく選手の健闘を讃える拍手を送るのです。

ちなみにラグビー場では、試合後のシャワーは共同で使います。敵味方はもうないですから。

基本ルール

人数は1チーム15人で、サッカーより少し短い40分ハーフで行われます。

最大の目的は、楕円のボールを相手陣のゴールラインを超えたゾーンに叩き込む事です。(これを「トライ」と言い、5点入ります)

ラグビーでは、ボールを前方に投げてはいけません。前進する為には、「ボールを持って走る」か、「キックする」しかありません。

得点

得点方法は以下の4パターンです。

  • トライ 5点  相手陣のインゴールにボールを持ち込み、地面に着ける。
  • コンバージョン 2点 トライ後のボーナスチャンス。キックがゴールポストの間を通り抜ければ2点が加算。
  • ペナルティーゴール 3点 相手の反則後に貰える。キックがゴールポストの間を通り抜ければ3点。
  • ドロップゴール 3点 プレー中に、ボールを地面にバウンドさせた直後にキックしてゴールポストを通り抜ければ3点。難易度が高くあまり多くは見られない。

ポジション

細かいポジション名がありますが、最初はざっくりで大丈夫です。

  • フォワード(背番号1〜8)スクラムを形成する大きくてパワーがある
  • ハーフ(背番号9、10)フォワードとバックスをつなぐ攻撃の起点
  • バックス(背番号11〜15)スピードがあり、トライゲッター

よくある反則

分かりやすいネーミングが多いです。

  • ノックオン ボールを前に落としてはいけない。
  • ノットリリースザボール タックルされたボールは放さないといけない。
  • スローフォワード ボールを前に投げてはいけない。
  • オフサイド ボールより前にいる人は攻撃参加してはいけない。
  • ハイタックル 首から上にタックルをしてはいけない。
  • ノット10mバック 反則をしたら、10m離れないといけない。

試合のみどころ

前述の通り、前にボールを投げられないため、基本的には後方にパスしながら相手陣に突っ込んでいきます。つまりパスだけでは前進できません。相手タックルをパワーで振り切るか、テクニックでかわすか、などして前進するのです。

ディフェンス側は、突破をされないように相手にタックルして攻撃の流れを止めにいきます。いいタックルが決まると、ボールを落としてしまったり、攻撃側が後退していくといった事が起こります。タックルは試合に勝つ上でとても重要です。

チームの特徴や試合展開によって、フォワードのパワーで押し続ける「縦のラグビー」や、バックスにどんどんパスを展開してスピードでかわす「横のラグビー」など、さまざまな戦術を見る事が出来ます。

戦術がしっかり決まった時のトライは、観ているだけでも本当に気持ちいいですよ。

また、拮抗した試合では、キックでの得点が重要です。お互いのキッカーの調子も要チェック。静粛に包まれるキックの瞬間もまた良し、です。

おわりに

ラグビーは秋から春にかけてがシーズンです。競技場での観戦は冷え込む事がありますので、防寒対策はしっかりしていきましょう。

それでも、生観戦は選手同士のぶつかる音や熱気がビシビシ伝わってきますので、TVよりも遥かに迫力がありオススメです。ぜひ一度、生観戦してみましょう。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。