1. 料理
    2. 究極の水出し!氷出し中国茶の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    究極の水出し!氷出し中国茶の作り方

    中国茶を水出しする場合、水だけで行う場合と氷水を使用するのが一般的です。でも氷だけで中国茶をいれるという優雅な方法もあります。少しずつ溶け出す水で中国茶を水出しします。

    ただし水出しはどの茶葉でも良いわけではなく、凍頂烏龍茶のような高山茶が向いています。そこで今回は紫炭香で究極の水出し、氷出し中国茶の作り方をご紹介します。

    材料

    • 茶壷       日本でいう急須にあたります
    • 茶海       茶壷で入れたお茶を移し、濃度や量を調整します
    • 茶碗       お茶を飲むための器です
    • 紫炭香      台湾の高山茶です

    -

    -

    究極の水出し!氷出し中国茶の作り方

    STEP1:

    通常の水出しでは器を温めることはしませんが、氷出しを行う際は茶葉の香りが引き立つため、茶壷にお湯を注いで温めます。

    STEP2:

    茶壷のお湯を捨てます。

    STEP3:

    茶壷に茶葉を入れます。

    通常の水出しでは100ccあたり1gを目安とされているようですが、今回は3g程度入れます。

    STEP4:

    茶壷に氷を入れます。

    STEP5:

    ちょっとお行儀が悪いですが、自宅なら蓋が浮くぐらい入れても良いと思います。

    STEP6:

    氷が溶けたら、茶壷から茶海にお茶を移します。

    STEP7:

    茶壷からではなく茶海から茶碗にお茶を注ぐことで、お茶の濃度を均一にすることが出来ます。

    完成!

    茶碗にお茶を注いで完了です。ゆっくり味わって飲みます。

    最後に

    通常の水出しと比べ、文句なしに美味しいです。

    ちなみに、中国茶ならどの茶葉でも水出しが出来るわけではありません。例えば市販されている水出し用パックのプーアル茶は、水出し出来るよう二次加工されているから可能なだけで、通常の茶葉で水出しすると消化不良をおこす可能性もあるそうです。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人