1. 料理
    2. 耐熱グラスで中国茶を楽しむ方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    耐熱グラスで中国茶を楽しむ方法

    中国茶と聞くと、飲み方も難しいように感じますが気楽に楽しめるのが「工芸茶」です。

    耐熱グラスと茶葉だけで楽しめる工芸茶の楽しみ方を紹介します。

    材料 (1人分)

    • 中国茶(工芸茶) 1個
    • お湯 150ml
    • 耐熱グラス 1個
    グラスはお湯を入れても大丈夫な耐熱グラスにしてください。また、中国茶は無印良品の「花入り茉莉仙桃」を使っています。

    耐熱グラスで中国茶を楽しむ方法

    STEP1:グラスに茶葉を入れる

    グラスに茶葉を入れておきます。

    STEP2:お湯を注ぐ

    沸騰したお湯を1分冷ましたものを注ぎます。

    おいしく飲める温度は75度~85度と言われています。そのため、沸騰したお湯をそのまま使わず1分冷ましたものを使っています。
    お湯は高めの位置から注ぎます。

    STEP3:蓋をして待つ

    蓋をして3分。タイマーをはかって茶葉が開くのを待ちます。

    蓋をして香りをグラスの中に留まらせておきます。こうすると蓋を開ける3分後のお茶の香りも楽しむことができます。

    最初は閉じていた茶葉も、少しずつ開いていきます。

    そのまま待っていると、3分後には茶葉も沈んできます。写真のようにお茶の色が出て茶葉が沈んだら飲みごろです。

    タイマーをかけてゆっくり待つのがポイントです。

    完成!

    茶葉が開いていく過程も楽しい工芸茶が完成しました。

    茶葉が口の中に入ってきたりしまないのでそのまま飲めます。また、蓋を開ける時香りがいいので香りも楽しむことができます。

    2煎目はお茶が少し残っている段階でお湯を注いで味の変化を楽しめます。色が薄くなるまで2煎目、3煎目が楽しめるお茶です。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人