1. 料理
    2. 手ごねで作る「はりねずみパン」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    手ごねで作る「はりねずみパン」の作り方

    はじめに

    手ごねは機械不要なのでやりやすいパンの作り方です。ですが、こねの作業は力がいるので難しいもの。ここでは少量でできる手ごねパンを作って、成形ではりねずみの形にしてみました。

    材料 (2人分)

    • 強力粉 200g
    • バター 20g
    • 砂糖 大さじ1
    • スキムミルク 大さじ1
    • 塩 小さじ1/2
    • 水 110ml
    • ドライイースト 小さじ1
    バターは食塩不使用のものを使っています。砂糖は三温糖を使っています。

    -

    -

    「はりねずみパン」の作り方

    STEP1:粉の下準備

    水、バター以外の材料をボウルに入れて混ぜ合わせておきます。

    小さい泡立て器を使って全体を混ぜておきます。

    STEP2:水、バターを入れる

    水とバターは電子レンジで600W40秒加熱し、人肌程度に温めてから粉に入れます。

    こうすることで発酵が進み、生地が扱いやすくなります。

    粉と水分を混ぜていき、

    ひとつになるまでこねていきます。

    この段階で蓋をして室温で20分置きます。

    STEP3:こね

    時間を置いた後、全体をこねて粉っぽさがなくなるまでこねあげます。ひとかたまりにして蓋をして室温で30分。一次発酵をします。

    生地を休ませ、こね作業を2回に分けてやりやすくしています。STEP2で続けてこねてしまってもいいです。

    STEP4:ベンチタイム、2次発酵

    生地が2倍になったら1次発酵終了です。

    50g程度ずつ7個に分けて丸め、室温でベンチタイムを20分取ります。

    STEP5:成形

    キッチンばさみではりねずみのとげ部分を成形します。バランスを考えながら3列のとげ部分を作ります。

    1列あたり4個のとげを作っています。

    STEP6:2次発酵、焼成

    成形したものをオーブントレイに乗せ、35分で30分加熱します。

    オーブンに低温機能があるので、それで加熱するのがおすすめです。

    その後、予熱をかけておいた180度のオーブンで15分加熱し完成です。

    完成!

    はりねずみの形をしたパンが出来上がりました。成形で丸くすると丸パンが焼きあがります。

    手ごねはそんなに多くないグラム数の生地を作るのに適した方法です。たくさんの生地を作りたい時はニーダーやホームベーカリーを使った方がいいかもしれません。

    失敗しないポイントは水分は人肌くらいに温めておくこと、発酵時間は十分にとることです。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人