\ フォローしてね /

ディクテーションで効果的に英語を学習する方法

はじめに

大まかな内容は聞き取れても、細かいところがどうしても聞き取れないということはありませんか?

リスニング力アップにはディクテーション(英語を聞いて書き取ること)が良いとはよく言われます。

ここでは、同じ時間でもより効果の上がるディクテーショントレーニングの方法を紹介します。

ディクテーションのコツ

1.音声を聞いて、強く読まれている単語を書き取っていく

長い英文を最初から一言一句書き取ろうとすると挫折しやすいですし、効果も感じにくいです。

「強く読まれる単語=話者が絶対に伝えたいこと」なので、まずは大事な単語を書き取り、そこから大まかな内容を推測していきます。

この内容を想像する力もリスニングには大切になってきます。

2.キーワードの前後を埋めていく

大事な単語を書き取ったら、その前後を埋めるように聞き取り・書き取りを行っていきます。

このように集中して聞き取る部分を分けることで、書き取りがしやすくなります。

ポイントは、一文ずつ完璧に書き取っていこうとせず、大枠から入って徐々に範囲を狭めていくことです。

3.聞き取れなかった部分の分析をし、聞き取れなかった原因を見つける

CDを何度か繰り返し聴き、これ以上書き取る部分がなくなったらスクリプト(セリフ)を読んで、どこが聞き取れなかったかを確認します。

このときに何が原因で聞き取れなかったかを分析することが大事です。聞き取れない原因は大きく分けて以下の3つです。

  • 単語を知らない

リスニングができない原因で一番最初に思い浮かぶものです。

  • 音の変化のルールに慣れていない

上級者にも多い原因です。英語が早く読まれると単語と単語がつながり音が変化したり、音が消えたりするというルールは知っていても、実際に自分で発音できないとその部分は聞き取れません。

音声を確認して自分でも同じように発音できるように練習しましょう。
  • 文法が理解できていない

意外な原因ですがその部分の文法がしっかりと理解できていないと、意味をとる前に文の構造を考えてしまい、聞き取りに集中できなくなってしまうのです。文法書を使ってその用法を確認しましょう。

見てわかるレベルではなく、使いこなせるレベルにまで高めるのが大切です。

おわりに

ディクテーションは手間がかかりますが、確実に効果のあるトレーニングです。

英語を流し聞きすることももちろん効果がありますが、具体的な情報も出聞き取れるようになりたいという方は、ぜひ、効率的な方法でディクテーションを行い、その悩みをできるだけ早く解決しましょう。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。