1. コミュニケーション
    2. 飲めない人が飲み会を盛り上げる方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    飲めない人が飲み会を盛り上げる方法

    お酒が苦手で、飲み会に参加しきれない。そんな経験はありませんか?そんな人の為に、お酒に頼らないで飲み会を盛り上げる方法を紹介します。

    食べまくる

    周りのお皿にまで手を出して、食べまくりましょう。

    「僕は飲めないほうなんで、その分食べますよ!」

    と言って、ガンガン食べて盛り上げましょう。そして、注文を取るときのポイントとして、周りの注文したいものを確認しましょう。

    「お皿空いてますよ!何か食べますか?」

    普通なら「グラスが空いてる」とされるところを、お皿が空いてると言うことでこちらに主導権を持ちましょう。さらに、周りの注文も確認して、気がきく人をアピールしましょう。

    酔ったふりをする

    顔がすぐに赤くなる人は、この方法で乗り過ごすことができます。

    「べろんべろんっすわ~~」

    と言って、酔ったふりをしましょう。このとき、ちゃんと酔った感じに相手に絡むことが大切です。グラスを空にすると次の酒がくるので、グラス半分くらいをキープして、相手に酒を注いでもらいましょう。

    注いでもらったときは、少し飲むのが礼儀です。そのへんの加減も注意しましょう。

    とりあえず騒ぐ

    飲んでる飲んでないを気にさせないくらい騒ぎましょう。大人しい人ほど、「飲んでねぇな~」と絡まれるものです。飲み会では、いろんな人が酒の勢いではっちゃけているので、シラフでも思い切って弾けてみましょう。何かやってしまったときは、飲んだことにして、酒のせいにすればいいんです。

    どんな風に騒いだらわからない人は、大声を出すだけでいいです。声を張って喋っているだけで、勢いがつくので飲み会の空気についていけるはずです。

    おわりに

    飲み会の場では、元気にする!ってことを心掛けましょう。それだけで、楽しい空気を作れるはずです。「飲めない=つまらない」と決め付けず、何事も前向きに取りくんでみてはどうでしょう?

    (Photo by http://www.ashinari.com/2010/08/15-339706.php)

    このライフレシピを書いた人