1. 趣味
    2. ニュースアプリを使ってネイティヴ耳をつくる方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ニュースアプリを使ってネイティヴ耳をつくる方法

    このライフレシピのもくじたたむ
    英語のリスニング学習の切り口は色々あってどれが最良かわからない…。

    多様な学習法が確立された現代だからこその悩みかもしれませんね。結論から言うと、ネイティブのスピードで英文を聴きまくる、という方法が一番効率的です。

    とはいえ、何をどうすればよいかわからない、という方は多いと思います。ここでは実際に「何をすればいいのか」、TOEICで高得点を獲得した時に僕の実践した方法を説明したいと思います。

    対象者は英検2級~3級レベルくらいを想定します。

    速聴をしよう!

    一時期「速聴」がやけに取り沙汰されていたことを覚えている方はいらっしゃいますか?「頭の回転が速くなる」というキャッチをみたことがある人もいるでしょう。

    最近あまりもてはやされないこの方法、間違ったものだったのでしょうか?個人的見解としては、リスニングに関して速聴は断然「正解」です。はじめからネイティブのスピードできくことで驚くほどの効果がでます。

    アプリをダウンロード!

    今ではネイティブのスピードのニュースが手軽に聴けるようになってます。
    使うものはiPhoneのアプリ。iDaily proというアプリをご存知でしょうか?
    最近の海外ニュースなどがダウンロードできるアプリです。しかもそれだけではありません。

    • 流れている英文が表示され、読んでいる部分がハイライトされます。
    • 好きな所からいつでも聴けます。

    かなり高度な英語ニュースを聴けるアプリなので、初心者の方には難しいと思います。でも諦めるのは早い。難しいから利用するという逆転の発想をしてみてください。

    そもそも学習とは?

    ちょっと本題から離れますが…。今、教育の現場では簡単なところからはじめますよね?これってゆとり教育の弊害だと思うんです。

    昔は今ほどABC的な学習方法は普及していませんでした。色々なことをしてみたいという現代人の多様なニーズに応えるため、今ではその手の学習法が「王道」になっているようですが、本来、学習とは"プロから盗むことで体得"するものなのです。

    職人の世界で「見て盗め!」って親方が言っている場面をテレビなどで見かけませんでしたか?あれは厳しい世界だからではありません。一番上達し易い方法だからです。これと同じようなことが英語のリスニングにも言えます。はじめから難しくていいのです。

    活用法

    話をアプリのにもどします。

    • 1.まず英文をみないで聴いてみてください。わかる単語があれば拾って書き出してください。
    • 2.次に書き出した単語から大体の意味を想像してみてください。
    • 3.英文を読んでざっと内容を把握してください。辞書を調べたりしてもオーケーです。
    • 4.もう一度聴いてみてください。今度はハイライトされた部分を目で追って結構です。
    • 5.頭の中で内容が有機的に繋がるまでこれを繰り返します。

    →見ないで聴いていても、一つ一つの文の意味が取れるようになります!

    英文を見て発音しながら聞くと効果的です。さらに上達するためには英文を見ないで一緒に発音するシャドーイング、聴こえた文章を書いて再現するディクテーションをやれば完璧です。

    はじめの頃はひとつのニュースに集中的に取り組み、完全に理解できるまでやると効果的です。

    おわりに

    Practice makes perfect !!

    習うより慣れろと英語学習はよく言われますね。遠いようで一番の近道であるというのが僕自身の実感でもあります。これをクリアしたら、あなたも英語の職人ですよ!

    アプリはこちらからダウンロードできます。
    このライフレシピを書いた人