1. コミュニケーション
    2. 相手に与える印象が決まる就活ネクタイの色&柄の選び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    相手に与える印象が決まる就活ネクタイの色&柄の選び方

    このライフレシピのもくじたたむ

    就職活動はスーツ!「本命の会社だから、一次試験のうちに相手に印象を与えておきたい! 」そのような思いで、就職活動に挑むことは多々あります。

    しかし、スーツといっても様々のファッション性があります。様々なファッションの中で自分らしい個性を出すことは難しいかもしれません。

    就活の面接では、いい印象を与えるファッションをする必要があります。

    ネクタイ一つで相手に与える印象も変わってきます。ネクタイファッションを勉強して就活での印象を操作できるようになりましょう。

    ネクタイ一つで相手に与える印象が変わります。そんなネクタイの色について紹介していきたいと思います。

    赤色は情熱的で積極性をアピールできる色です。

    自分をアピールしていくことができるので、面接官が現場担当者などの場合は赤色がお勧めです。

    青色は知的で冷静な印象を相手に与えることができます。

    何事にも動じず、本来の自分をアピールしたい場合に是非。また、人事面接には、人柄を見ていくので青系がベターです。

    黒、濃紺、グレー

    黒や濃紺は、大人らしく落ち着いた印象を相手に与えます。

    役員クラスの面接になると、黒や濃紺カラーが良いです。

    また、この色は就職活動以外にも幅広く使用できる色なので、1本持っておきたい色です。

    黄色は、胸元が栄え元気でフレッシュな印象を与えます。

    ファッション業界やアパレル関係、クリエイティブ関連の業界などで個性的な面を見せることができるためお勧めです。

    ピンク

    ピンクは、やさしく温かみのある印象を与えます。

    特に女性からの受けが自然と良くなる色なので、女性が多めのアパレル関係、接客業などにオススメです。

    無地

    無難かつ洗練された印象を相手に与えることができます。

    ストライプ

    ストライプ柄は元気あふれる印象で、爽やかなイメージを相手に与えます。

    ドット

    細かいドット柄は落ち着きがあり、上品で大人らしい印象を与えます。

    一方、大きめのドット柄(水玉模様)は明るく元気で個性的な印象を与えます。

    チェック

    チェック柄は知的なイメージを与えます。

    おわりに

    就活で失敗しないネクタイ選びのコツを紹介しました。ネクタイ一つで面接官に対するイメージが変わってきます。

    これが、採用かどうかの決定的なものにはなりませんが、少なからず第一印象を決める道具となってきますので一度考えてネクタイを選んでみてください。

    このライフレシピを書いた人