\ フォローしてね /

バーでの注意点(初心者向き)

このライフレシピのもくじたたむ

バーに初めて行くという人向けに、幾つか気をつけておいた方がいいことをまとめてみます。

バーの種類

バーには色んなタイプのバーがあります。

オーセンティックバー・ショットバー・スタンディングバー・ダーツバー・アイリッシュパブなど様々なバー形態があります。それぞれ特徴が違うバーなので、初めて行く際は、食べログBAR-NAVIなどで一度雰囲気や価格帯などをチェックして行くのがおすすめです。うっかり入ってしまって、雰囲気が大人しすぎるとか、値段が高すぎる、食事が一切ない、という事もありえますので気をつけましょう。

お酒の種類

バーと聞くと、カクテルウイスキーを想像する方も多いと思います。ただ、カクテルウイスキーと言っても種類は星の数ほどありますので注意が必要です。

ショートカクテルとロングカクテル

ショートカクテルロングカクテルの大きな違いはアルコール度数です。

ロングカクテルの代表的なものと言えば、ジントニックカシスオレンジなどがあります。これらは居酒屋さんにも置いてあったりしますので、大体どんな感じなのか、どれだけ飲めば酔ってしまうのかは比較的わかると思います。

気をつけなければいけないのは、ショートカクテルと呼ばれるものです。上記で書いたロングカクテルの代表格であるジントニックは、ジンというお酒とトニックウォータで割りますので、相対的にアルコール度数は低くなり、且つ、量も多いのですが、ショートカクテルの多くはお酒とお酒で割っていますので、アルコール度数が基本的に高く、且つ、ショートと言うだけあって量も少ないです。また、ショートカクテルには色鮮やかなものが多いので、量が少ないのとあいまってついつい飲みすぎてしまうと、泥酔という事もよくありますので、注意しましょう。

ウイスキー

ウイスキーを想像すると、渋い、なんとなくかっこ良い、と思って飲んでみたいという方もいると思いますが、是非飲む際には値段に注意しましょう。もちろん、値段ばかり気にしすぎると美味しいものも不味くなってしまうので、気にしすぎる必要はないのですが、つい酔った勢いでオーダーしてしまって会計時に0が一桁多いということも珍しくありません。

具体的にどう注意するかというと、年数を見てください。ウイスキーは同じ銘柄でも、9年・12年・15年・18年など、年数で種類が分かれている事が多いです。どれが旨いかというのは人それぞれですので、好みの問題ですが、値段に関してはほとんどが年数が上がるにつれて高くなっていきます年数が上がれば旨いというわけではないので、味を吟味して頼みようにしましょう。バーによっては試飲させてくれる所もありますので、それを利用するのもありです。

おわりに

バーで飲むお酒は、バーの種類にもよりますが、本当に美味しいですので、是非行っていただきたい場所です。おわりのアドバイスと致しましては、何でもバーテンダーに聞くという事ですね。どういうお酒が好きなのか、どういう果物が好きなのか、炭酸が好きか嫌いか、はたまた人生相談しちゃってもいいと思います。もちろん一人でしっとり飲むのもありです。

バーに初めて行く際の参考に少しでもなれば幸いです。

(photo by 足成

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。