1. 料理
    2. 新鮮で美味しいごぼうを見分ける方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    新鮮で美味しいごぼうを見分ける方法

    はじめに

    和食によく合う食材の一つ、ごぼう。香りがよく、風味も豊かでお味噌汁などに入れるとぐっと味が深まります。

    でも、なかなか買う機会も多くないため、どんなごぼうがいいかはわかりにくいもの。

    今回は新鮮で美味しいごぼうを見分ける方法をご紹介します。

    新鮮で美味しいごぼうを見分ける方法

    適度に太さがある

    10円玉くらいの太さがいいと言われています。太すぎると中がスカスカしている(すが入っている)こともあるので、ほどよく太いものを選びましょう。

    できれば湿った土つきを

    調理に手間が増えますが、土つきの方が長持ちします。すぐに使う予定がない場合は特に土つきを選んだほうが保存がききます。また、古くなってくると土が乾燥してくるので、湿った土がついたごぼうのほうが新鮮と言えるでしょう。

    ひげ根が多く生えていない

    ひげ根が少ないほど栄養豊かな土壌で育ったごぼうだと考えられます。美味しいごぼうを選ぶには、ひげ根が少ないものを選びましょう。

    軽くまげてみたときに程よい弾力がある

    硬すぎず、柔らか過ぎないごぼうを選ぶようにしましょう。特に柔らかすぎるごぼうは古いことが多いです。

    おわりに

    いかがでしたか。

    ごぼうはささがきにしたあと、酢水もしくは水でアク抜きをして使うようにしてください。鍋やすき焼きにも合うのでぜひ試してくださいね。

    (photo by http://www.ashinari.com/2009/01/06-012528.php)

    このライフレシピを書いた人