1. 趣味
    2. 絵に奥行きを持たせる色選びのコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    絵に奥行きを持たせる色選びのコツ

    このライフレシピのもくじたたむ
    鉛筆で描いている時はいいんだけど、色をつけると途端に絵が台無しになってしまった!

    こんな経験をしたことがある方、けっこういらっしゃるのではないでしょうか?筆者も幾度となく経験しています。

    色には未知数過ぎるくらい多くの性質があります。しかし、色付けをする際に絶対に押さえておかなければいけない基本の性質は、たったの3つなのです。

    この3つを理解しておくと、ものの立体感や奥行きを出す色選びができるようになります。迷いに迷った色選びの時間とおさらばしましょう。

    色の性質

    今回ご紹介したい色の性質は、

    • 明度
    • 彩度
    • 寒暖

    です。これらの言葉をどこかで聞いたことがある方も多いかもしれませんね。実際に絵を描く際にこれらの性質がどのような働きをするのかを一つ一つ見ていきたいと思います。

    明度

    • 色の1つめの大事な性質、それは明度です。明度とはつまり、色が
    濃いか、淡いか

    ということです。

    例えば、この3つの緑色を見てみてください。

    真ん中の緑を基準にすると、向かって左の緑は薄く、右の緑は濃く見えますよね。この違いがものの奥行き、立体感に大きな影響を及ぼします。

    • ポイントは1つ。
    濃い色は手前にあるように見えて、薄い色は奥にあるように見える

    ということです。実際に検証してみましょう。

    ここに二羽のウサギ(のような生物)がいます。

    この絵ではどちらのウサギが手前に居るでしょうか?なんの疑いも無く左側のウサギが手前に居るように見えますよね。では、次の絵はどうでしょう。

    どちらのウサギが手前に見えますか?大きさの比較からいって左のように見えますが、そう思っていもなんとなく右側のウサギのインパクトが強くて視界をちらつきませんか?

    • この「ちらつき」=「違和感」をなくすのが明度を揃えるということなのです。

    手前にある物は濃い色で、奥にある物は薄い色で彩色することで、自然体な物の奥行き、立体感がでます。

    彩度

    • 二つ目の大事な色の性質は、彩度です。彩度とは
    色味が弱いか、強いか

    ということになります。例を見てみましょう。

    上の二つの緑はそれぞれ濃さはあまり変わらないのに、右側の方が左側よりちょっと濁って見えますよね。これが彩度です。左の緑は彩度が高く(色味が強く)、右の緑は彩度が低い(色味が弱い)のです。

    一番色味の強い色(彩度の強い色)とは、チューブから出したばかりの、鮮やかな絵の具の色です。逆に色味の無いものの最高地点は白•黒のいわゆる「無彩色」とよばれる物たちです。

    • ここでも彩色におけるポイントはひとつ。
    彩度の高い色は手前にあるように見えて、彩度の低い色は奥にあるように見える

    ということです。では、またしても例のウサギの登場です。

    両方のウサギは同じ明度を持っています。ただ、彩度だけが違います。左のウサギの方が右よりも彩度が高いです。手前に出ているのはどっちでしょうか?自然と、左のウサギが手前に居るように見えますね.

    しかし、

    こちらだとどうでしょう。大きさからの判断だと左なのに…右がちらつきます。ひょっとすると、右のウサギは地面に座っていなくて、ひらひら宙を舞って手前に出て来ているようにすら見えます。

    • 彩度の高い色は手前にあるように見えて、彩度の低い色は奥にあるように見える

    これも空間を生み出す上で非常に大事な要素になります。

    寒暖

    • 最後の性質は、色の寒暖です。つまり、
    寒色か、暖色か

    ということになります。

    一般的に暖色とは、赤やオレンジなどの、熱や暖かさを連想させる色です。逆に寒色とは青や青緑など、冷気や寒さを連想させる色です。

    • そしてポイントはまたしてもひとつ。
    暖色は手前にあるように見えて、寒色は奥にあるように見える

    ということなのです。では、ウサギに登場してもらいます。

    右のウサギは左のウサギよりも少し青が混ざった色になっています。つまり左が暖色、右が寒色なのですが、左の方が手前に見えますか?

    彩度や明度ほどインパクトはないかもしれませんが、とりたてて「いや、絶対右の方が手前に見える!」とうことも無いと思います。では、こちらはどうでしょう。

    やはりそれほど大きな違和感はみられないかもしれませんが、右のウサギがちらついてしまう瞬間はあると思います。暖色はどうしても手前に見えてしまうのです。

    実は人の目は色の濃い薄い(明度)は非常によく読み取れるようにできているのですが、彩度や寒暖については感度は低いのです。かといって、彩度や寒暖を侮ると色がバラバラに見えてしまうので注意です。

    おわりに

    この3つの色の性質は、彩色の際に本当に基本的でありながら一番大事なポイントです。上のような単純な絵よりももっと複雑になってくると、その効果はより目立って確認できます。

    ぜひ頭の隅に置いて、実践してみてください。画面がパリっと引き締まりますよ。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人