\ フォローしてね /

ホウレン草の御浸しを作る際の下ごしらえをする方法

はじめに

昔のほうれん草と比べて少なくなってはいますが、ほうれん草にはアクがあるので、手間でもアク抜きを行うことで料理の味が変わります。また少し包丁を入れることで、根元まで食べられるようになります。

それではホウレン草の御浸しを作る際の下ごしらえをする方法をご紹介します。

材料

  • ほうれん草
  • ザル

ホウレン草の御浸しを作る際の下ごしらえをする方法

STEP1:

ほうれん草を流水で洗い、そのまま水に漬け洗いします。

根元には土やゴミが多いため、根元を広げて丁寧に洗います。洗い残しがあると、味が土臭くなり口当たりも悪くなります。

STEP2:

ほうれん草の根元の先、固い部分を数ミリ切り落とします。

STEP3:

根元は固いので、包丁で十字に切込みを入れます。

包丁で手を切らないよう、注意してください。

STEP4:

鍋にお湯を沸かし、塩を一つまみ入れます。ほうれん草の葉を持ち根元だけお湯に入れ30秒茹でます。

STEP5:

葉の部分までお湯に入れ、さらに30秒ほど茹でます。

STEP6:

茹で上がったほうれん草はざるに入れ、お湯を手早く切ります。

STEP7:

すぐにほうれん草を冷水につけます。

茹でたまま置いておくと、自身の熱で茹ですぎになってしまいます。また、すぐに冷やすことでほうれん草の色が変わることを防ぎます。

完成!

ほうれん草を絞り、水分を抜けば完成です。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。