\ フォローしてね /

ルクルーゼで作る「おでん」の作り方

はじめに

冬はやっぱりおでんです。ルクルーゼを使ってことこと煮込めば大根の軟らかくなったおでんができあがります。

材料 (2~3人分)

  • 大根 1/2
  • おでんパック 1パック
  • 板こんにゃく 1枚
  • ちくわ 2本
  • はんぺん 2枚
  • うどんスープ 2袋
  • 水 600ml
おでんパックは2人前です。ここに好きな材料(大根、板こんにゃくなど)を追加して作ります。
基本はうどんスープ2袋に対し、水600ml。これで2~3人分の分量になります。

ルクルーゼで作る「おでん」の作り方

STEP1:大根を煮る

大根は皮を剥き、1センチ~2センチ程度の厚みにして面取り(角部分を取ること)をしておきます。

水にうどんスープを入れ、

大根のみを煮ていきます。

一番火が通りにくい大根を先に煮ます。

STEP2:こんにゃくの下処理

板こんにゃくは薄切りにし、真ん中に1本包丁で切れ込みを入れてねじって写真のようにします。

大根の次に煮ます。

味をしみ込ませたいので、早めに入れます。

STEP3:具材を入れる

他の具材を入れます。隙間なくきれいに並べます。

沸騰してきたら、蓋をして30分加熱します。

材料を入れたらあとは加熱するだけです。

STEP4:蓋をして味をしみ込ませる

30分経過したのがこちらです。火を止め、再度蓋をし、30分そのままにします。

今度は火にかけず、味をしみ込ませるため30分そのままにします。

完成!

大根が透き通ったら完成です。

お皿にもって食べます。名古屋では甘味噌をつけて食べることが多く、著者は献立いろいろ味噌をかけて食べることが多いです。

うどんスープを使ったおでんで、調理もだしを取る手間なく簡単です。ルクルーゼを使うことで大根も早く柔らかくなるような気がします。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。