\ フォローしてね /

あっという間にザワークラウト風!バルサミコ酢で作る蒸しキャベツの作り方

はじめに

ドイツの代表的なザワークラウトは乳酸発酵したキャベツの漬物。まろやかな酸味が特徴的ですね。今回はあっという間にできる「バルサミコ酢で作る蒸しキャベツの作り方」を紹介します。シンプルですが癖になる美味しさです。 ##材料 (2人分)

  • キャベツ 6枚
  • バルサミコ酢 小さじ3
  • オリーブ油 小さじ2
  • 塩 小さじ2/3
  • コショウ 少々
  • バジル 適宜(無くても良い)

「バルサミコ酢で作る蒸しキャベツ」の作り方

STEP1: キャベツを切る

キャベツを水洗いしてざっくりとした細切りにします。芯の部分も使います。太くて固い場合は包丁を寝かせてそぎ切りして下さい。

STEP2: 調味料を合わせる

バルサミコ酢、オリーブ油、塩を予め合わせておきます。

STEP3: フライパンでキャベツを蒸す

フライパンにまずキャベツを入れ、上から合わせた調味料をまわしかけてから火をつけます。

あればバジルの葉を上に乗せてフタをし、3分弱火で蒸し焼きします。

STEP4: 混ぜる

3分経ったら、味が均等になるように一度混ぜます。その後またフタをして3分蒸します。

完成!

器に盛り黒胡椒をふりかければ出来上がりです。このままでも良し、付け合わせにも良し、サンドイッチにもお薦めです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。