\ フォローしてね /

洗濯のりを使ってシーツをパリっとさせる方法

このライフレシピのもくじたたむ

シーツやYシャツなど、パリッと仕上げたい衣類に使用するのが洗濯のりです。また、洗濯のりを使用することで汚れも付きにくくなります。

今回は、そんな洗濯のりの使い方を紹介します。

用意するもの

  • 洗濯のり
  • 糊づけしたい衣類やシーツなど
  • バケツ、または洗面器など

洗濯のりの使い方

STEP1

洗濯のりを使用したい衣類を脱水まで終わらせておき、一旦洗濯物を引き上げます。手洗いの場合は、手で絞っておきます。

STEP2

バケツまたは洗面器などに衣類が浸るくらいの水を張り、洗濯のりを適量入れて全体をよく混ぜ、洗濯のりを溶かしておきます。

洗濯機を利用される場合は、洗濯物の量が少量ですと、表示されている分量の水と洗濯のりを洗濯槽に入れた時に衣類が浸らないので、水を多めに入れるなどして衣類が浸る量になるよう調整して下さい。

ドラム式洗濯機をお使いの方は洗濯機の説明書などを見て、洗濯のりが使用可能かどうか必ずチェックしてからご使用下さい。

水や洗濯のりの量は、説明に従い適切な量を溶かします。

今回使用した洗濯のりは容器にメモリがありますが、キャップで量るタイプの物もあります。

今回は写真撮影時にメモリが見えにくかったため、マジックで分かりやすく印をつけてあります。

STEP3

糊づけしたい衣類を洗濯のりを溶かした水に浸け、10分ほど放置します。

STEP4

軽く脱水したら、しわを伸ばすようにして干します。室内に干す方は、水が滴らない程度の脱水時間が望ましいです。

今回はシーツなので1分弱脱水しましたが、Yシャツなどはしわにならないよう、10秒~20秒の気持ち程度くらいの脱水時間が良いでしょう。

おわりに

部分的にシャツの襟や袖口を糊づけしたい方は、洗面器など糊を溶かした水に糊付けしたい部分だけ浸けておくと、部分的に糊づけすることが可能です。

アイロンをかける際には、洗濯物は半乾き状態か霧吹きで水を吹きかけた後に、アイロンがけをするとピシッとアイロンがかけられます。

(photo by 著者・足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。