\ フォローしてね /

365日貯金シートを作ろう!コツコツ貯金を楽しむ方法

1から365までの数を順番に足していくといくつになるでしょうか。ためしに計算してみたら、66,795でした。1年365日の貯金額としたら、66,795円はそう多くはない金額のように思えますが、無理なくいつの間にか貯まる額と考えれば、実はかなり充実した額です。これから紹介するのは、1日最大365円、最小1円で、1年間貯金を続ける方法とそのコツです。
nanapi
  • 少額でOK

    1〜365円までのコンビニ程度の小銭で、6万6795円貯められる!

  • ポイント

    500円玉なら2日分として、249円と251円を塗りつぶせばOK

  • ここがオススメ!

    ゲーム感覚でやれて達成率が目に見える。モチベーションが下がりにくい!

1から365までの数を順番に足していくといくつになるでしょうか。ためしに計算してみたら、66,795でした。1年365日の貯金額としたら、66,795円はそう多くはない金額のように思えますが、無理なくいつの間にか貯まる額と考えれば、実はかなり充実した額です。

これから紹介するのは、1日最大365円、最小1円で、1年間貯金を続ける方法とそのコツです。

365日貯金の始め方

1:365日貯金シート&貯金箱を用意

  • エクセルなどで、1から365までの数字を順番にふった表を作ります。
プリントアウトして目につくところに貼っておきましょう。
  • 貯金箱を準備します。
簡単に開けられるお菓子の缶などでOK

2:貯金額はランダムに

貯金スタートです。今、財布の中にある1円から365円までの金額で、1日1回好きな額を貯金します。

最大のポイントは、数字順にこだわらず、今手元にある小銭額を貯金箱に入れることです。

1円から始めて次の日は2円、そして3円…という数字順の貯め方をすると、前半は貯まる充実感がまるで得られず、しかも後半に額が大きくなると、続けるのがきつくなります。

財布の中に500円玉1つだったら、2日分として、249円と251円と考えるのもありです。柔軟にいきましょう。

3:表にチェックを入れる

貯金したら、プリントアウトした表の、貯金額と同じ数字にチェックを入れましょう。

蛍光ペンなどで色をつけるとわかりやすいですね。

写真は筆者が実際に使っているシートです。貯金した額を消しています。

各数字は1回きりの使用とし、使用したらチェックを入れます。そうすることで、数字順でなくても365日をカウントすることができ「365日満期」の貯金が完成します。

続けるためのコツ

以上が、365日貯金の進め方です。

筆者がこの貯金をはじめて、間もなく5ヶ月になるところです。今のところストレスなく続けることができています。

そのコツは何かを次に考えてみました。

1:何に使うか具体的目標を持つ

約66,800円というと何に使えるでしょうか?冬の季節ならけっこういいコートが買えるし、国内旅行なら場所によっては2人分だって行けます。

高機能な洗濯機に、イタリアメーカーの全自動エスプレッソマシン、電動アシスト自転車、高反発マットレスパッドなども手に入れられますよ。

こうして想像すると、多くはないようでいて、実はけっこう使える額です。使い道を考えると、楽しくなってきませんか?

この楽しさが、続けるためのコツです。できれば、貯金するための貯金ではなく、楽しい使い道を考えてみましょう。

2:数ヶ月ごとに中締めする

例えば筆者は1ヶ月ごと、給料日に合わせて小計をとっています。

小計をとって、そのまま銀行へ持って行き、窓口で預金してしまいます。預金をしてしまえば、すぐに使いたくなるという失敗も防げるでしょう。

ひと手間はぶくなら、自分で小計額を数える必要もありません。銀行に持っていけば、窓口で数えてもらえます。入金票の書き方も、その場で教えてもらえるでしょう。

せっかちですぐに結果が気になる、筆者と同じタイプの方には特におすすめのコツです。

短期間ごとに訪れる、これだけ貯まった!という充実感は、次の月の貯金へのモチベーションアップにつながります。

無理なく続けられる

この貯金法の最大の利点は、給料前など財布が心もとないときは小額、給料直後の財布が充実しているときは高額(といっても最大365円)というふうに、自分で無理なく貯金額を決められるところにあると思います。

使い道を想像したり、成果をちょっとのぞいてみたりしながら、ストレスなく楽しんで続けられたらいいですね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。