\ フォローしてね /

北海道の家庭料理「いももち」入り味噌汁の作り方

北海道の家庭料理として、『いももち(いもダンゴ)』をご存知の方も多いと思います。最近では本州でもお祭の屋台などで見かけますよね。

ここではそのいももちを具材にしたお味噌汁を紹介します。

材料(2人前)

  • ジャガイモ2個
  • だし適量・・・市販の粉末でOK
  • 味噌適量・・・白味噌か合わせ味噌が良いです。
  • 長ネギ1本・・・5cmくらいを小口切り、残りは斜め切り。
  • 水300cc
  • 片栗粉小さじ2杯
  • 牛乳もしくは豆乳大さじ1・・・場合によって入れます。

STEP1

皮をむいたジャガイモ2個をレンジで熱する。ジャガイモの種類は男爵かキタアカリが甘みがあって美味しいです。

大きさによりますが、2個で5分程度が目安です。竹串がスっと通ったら大丈夫です。

STEP2

ジャガイモを熱いうちにマッシャーでつぶします。マッシャーが無かったらフォークでもOKです。

STEP3

つぶしたジャガイモに片栗粉を混ぜます。

ここで水分が足りないようでしたら牛乳もしくは豆乳を入れてつなぎにします。

STEP4

ジャガイモを形成します。

直径4cm、厚さ1センチくらいが食べやすいです。

(写真は作り貯めです)

STEP5

お湯を沸かし、だしを入れます。

斜め切りにした長ネギを入れます。

STEP6

いももちを入れ中火で煮ます。既にレンジで火を通しているので5分程度でOKです。

いももちの表面がぬるっとしてきたら火を弱めます。

ここで沸騰させてしまうと、煮崩れしてしまうので注意しましょう。

STEP7

味噌をといていれます。濃さはお好みで。

STEP8

お椀によそったら、小口切りにした長ネギを乗せて完成です!!


(photo by 著者)
長ネギの代わりに薄切りにした玉ねぎでも美味しく出来ます。

長ネギよりもより甘く仕上がるので、こちらの方が北海道らしいあじと言えるかもしれません。

必ず1度に食べ切ってください。

次の日に残したりすると、いももちが溶け出してお味噌汁自体がドロドロになってしまいます。これはこれで美味しいですが、見栄えが悪いです・・・。

おわりに

私の実家では子供の頃から慣れ親しんだ味です。かなりボリューム感がありますので、汁物というよりおかずの1品という感覚でした。

本当に簡単で美味しいので、是非試してみてください。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。