1. 料理
    2. じゃがいもの芽が出にくい保存方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    じゃがいもの芽が出にくい保存方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    じゃがいもは保存食になりますが、芽が出やすいのが難点です。

    じゃがいもを長く保存する場合、なるべく芽を出さないですむようにできる方法があります。薬品などの化学物質は一切使わずに、安心安全に保存できます。

    それが、りんごの成分であるエチレンガスを利用する方法です。

    じゃがいもの芽は、ソラニンという有毒物質を含んでいます。りんごはエチレンガスを放出しています。

    エチレンガスは、じゃがいもの芽の生育を抑えてくれるのです。

    りんごの良い香りが漂っている感じだと、エチレンガスが程よく放出されています。

    用意するもの

    • じゃがいも
    • りんご
    • 夏は冷蔵庫(野菜室があれば、なお可)

    やり方

    STEP1

    りんごを用意します。

    りんごは安売りのものでも結構です。特売セールで入手してください。

    長期間保存するので、もし付属していれば、果物用のキャップをつけておいてください。果物用のキャップとは店頭で販売している時の白い発泡スチロールのようなものです。

    STEP2

    夏の場合は、りんごを冷蔵庫の奥に入れます。

    野菜室ならば底の角のほうに置いてください。果物用のキャップがついていると、りんごの香りが広がります。

    夏以外のときは、なるべく涼しい場所に保管しましょう。

    STEP3

    じゃがいもを、りんごのすぐ隣に置いてください。

    じゃがいもを袋詰めしてある場合は、小さい穴を開けて空気が出入りするようにしておきましょう。

    じゃがいもに、りんごの香りが包みこまれるようなイメージで保管してください。

    夏は冷蔵庫の中で保管します。冷蔵庫に野菜室がない場合は、冷やし過ぎないように新聞紙にくるむと美味しさが保たれます。

    夏以外は家の中の涼しい場所に保管しましょう。

    おわりに

    りんごは長期保管していると、水分が抜けてきてシワシワになってきます。時々、りんごを新鮮なものと交換すると高い効果が持続します。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人