1. 料理
    2. ホームベーカリーを使った「鶏ひき肉の肉まん」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    ホームベーカリーを使った「鶏ひき肉の肉まん」の作り方

    はじめに

    パン生地で肉まんができると聞き、作ってみました。本来は豚肉で作るところ、鶏ひき肉で作ったので「鶏ひき肉の肉まん」になります。自家製肉まんなので形はいびつなところもありますが、ルクエなど蒸し器で蒸せば立派な肉まんです。

    材料 (8個分)

    • 強力粉 300g
    • ドライイースト 小さじ1
    • 砂糖 大さじ1
    • 牛乳 180ml
    • 塩 小さじ1/2
    • バター 20g
    • 鶏むね肉 1枚(200g程度)
    • 長ねぎ 1本
    • ごま油 小さじ1
    • 醤油 小さじ1
    • しょうが 小さじ1
    • オイスターソース 小さじ1/2
    • 味塩こしょう 小さじ1
    • 小麦粉 小さじ1/2

    「肉まん」の作り方

    STEP1:ホームベーカリーにかける

    強力粉、ドライイースト、砂糖、牛乳、塩、バターをホームベーカリーにかけて生地を作ります。

    1次発酵までおまかせしています。

    STEP2:具を用意する

    生地を作っている間に具を用意します。ねぎはざく切り、

    鶏むね肉もざく切りにします。

    フードプロセッサーでねぎをみじん切りにし、

    鶏肉、しょうが、オイスターソース、味塩こしょう、小麦粉を入れて1分程度粉砕します。

    できたタネはバットに入れて8つに分けておきます。

    生地を作っている間に作ってしまいます。

    STEP3:成形

    生地ができたら8等分(大体95g~100g程度)にし、丸めます。室温でベンチタイムを20分取ります。

    ベンチタイム後、めん棒で円形に伸ばし、

    タネを中央に置きます。

    それを餃子を包むように端からひだをつくりつつまとめていきます。最後は指で留めます。

    タネはあまり欲張らず、めん棒で平たくする時はできるだけ大きな円になるようにします。

    STEP4:蒸す

    1個ずつオーブンシートの上に乗せたら、食べる分だけ蒸します。

    蒸し器に入れて、水を50ml入れて600Wで4~5分。あまり加熱しすぎると固くなってしまうので4~5分が適当です。

    加熱する時に膨らむので、余裕をもって蒸した方がいいです。

    完成!

    鶏ひき肉で作った肉まんができました。割るとこんな感じです。

    味はそんなに濃くないので、ガツンとした味がいいなら塩こしょう、醤油、オイスターソースなどを多めに入れてみてください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人