\ フォローしてね /

世界遺産白川郷の飛騨高山ラーメンの作り方

世界遺産の白川郷のある岐阜県の飛騨高山地方では「そば」といえば中華そばのことを言うそうです。細麺の醤油ラーメンで、具材はチャーシューとネギ、メンマと特別特徴がなさそうなラーメン。

でも飛騨高山ラーメンの特徴はスープにあります。普通のラーメン屋さんでは豚骨や鶏がら、野菜などを煮込んだスープと醤油ダレを丼であわせますが、飛騨高山ラーメンはスープの寸胴の中に醤油も入れて一緒に煮込んでおり、独特の風味を醸し出しています。

それでは世界遺産白川郷の飛騨高山ラーメンの作り方をご紹介します。

材料 (2人分)

  • 醤油ラーメン(細麺)      2食分
  • ネギ              1/2本
  • メンマ             小一袋
  • 豚角煮またはチャーシュー    4枚
  • 溜               小さじ2
  • おろしショウガ         少量

-

-

世界遺産白川郷の飛騨高山ラーメンの作り方

STEP1:

ネギは薄めにスライスしていきます。

STEP2:

今回は市販の豚角煮とメンマを使用します。湯煎であらかじめ温めておきます。

STEP3:

切ったネギを水でさらし、臭みと苦味をとります。

STEP4:

ラーメン付属のスープに定量のお湯を注ぎ、溜とショウガを加え、鍋でしばらく煮立てます。

溜を加えることで、少し煮詰まった飛騨高山ラーメンぽい風味となります。

STEP5:

たっぷりのお湯を沸かし、麺を茹でます。

STEP6:

麺が茹で上がったらザルにあげ、すばやくお湯を切ります。

完成!

ラーメン丼にスープ、麺、具材をのせて完成です。

終わりに

ちょっとスープが深みのある濃い目の味なので、ライスとよく合うラーメンです。また、お好みでナルトや海苔を加えても美味しいです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。