1. 料理
    2. 切り身の魚を焼いて冷凍保存する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    切り身の魚を焼いて冷凍保存する方法

    切り身のお魚は生のままでも冷凍保存出来ますが、お弁当のおかずや忙しい時などにすぐに食べられるよう、焼いてから冷凍保存することも出来ます。

    用意するもの

    • 切り身の魚(トラウトサーモン)
    • キッチンぺーパー
    • ラップ
    • フリーザーバッグ

    切り身の魚を焼いて冷凍保存する方法

    STEP1

    魚に塩を少々ふり、少しおいてから魚の水気をキッチンペーパーなどで吸い取っておきます。今回は塩がふってある魚を使用しているので、塩はふっていません。

    STEP2

    切り身の魚を焼いて、お好みの大きさに切っておきます。そのままでも良い方はそのままでOKです。

    STEP3

    焼いた魚をラップに包み、フリーザーバッグに入れたら空気を抜いてチャックを閉めます。

    STEP4

    冷凍庫へ入れ、冷凍保存します。

    金属トレーに乗せるか、直接金属部分に触れるようにして急速冷凍させます。

    冷凍保存期間は、約2~3週間です。

    解凍の仕方は、レンジで温めてそのままお召し上がりになれます。

    おわりに

    切り身の魚も特売の日などに大量買いしても、焼いて冷凍保存しておけば、いつでも食べたい時にレンジでチンしてホカホカの焼き魚が食べられます。

    忙しい方にもおススメな保存方法ですので、ぜひお試し下さいね。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人