\ フォローしてね /

博多弁「えずい」の使い方

博多弁「えずい」の意味と使い方を紹介します。

「えずい」の意味

「えずい」=怖い、おそろしい

古語の「おずし」「おぞし」が変化したかたち。

「えずかった」=怖かった、「えずくなる」=怖くなるというようにも使えます。

使用される地域

博多などで使われているようです。

使い方

雷で停電して、えずかったなぁ

「雷で停電したので、怖かったよ」という意味になります。

えずいお化けやんな

「おそろしいお化けだね」という意味になります。

おわりに

博多弁「えずい」の意味と使い方を説明しました。

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。