1. コミュニケーション
    2. 結婚後に出すお礼状の書き方

    結婚後に出すお礼状の書き方

    このライフレシピのもくじたたむ

    結婚式・披露宴にご招待すれば、「結婚祝いのお返し」がプラス・マイナスでゼロになるわけではありません。

    とくに主賓、司会、受付やスピーチ、二次会の幹事をしてくれた友人には、手書きの礼状を差し出しましょう。

    披露宴に招待しなかった人たちに出すメッセージは、結婚報告と新居を知らせるあいさつ状であり、礼状ではありません。

    礼状のポイント

    出席者への礼状は祝福への感謝と、新生活のスタート報告を兼ねています。単に自分たちのラブラブぶりを喜ぶ内容とならないようにします。

    構成は、前文・本文・結び文

    前文は、礼節ある時候のあいさつから

    拝啓 秋も深まってまいりましたが、○○さまにはお健やかにお暮らしのこととお喜びもうしあげます。

    時候のあいさつから始まる礼儀正しい形式文で書き始めます。

    相手の名前を文にいれることで、他の誰でもないその人への思いを込めます。

    本文は、お礼+現在状況(+自由文)

    さて、私どもの結婚に際しましては、ご多忙にもかかわらずお時間をいただき、また格別のお心遣いをいただきまして、誠にありがとうございました。たいへんうれしく思っています。

    うれしいなど気持ちを表現すると、より感情が伝わります。

    + さらに、

    おかげさまで、ハワイでの新婚旅行も思い出深く楽しくすごし、六本木で新生活をスタートさせました。

    + 自由文 (加えなくてもよい)、
    (新婚先のエピソードなどの文を加えてもよいでしょう。)

    結びは、今後の抱負や支援をお願いする文

    これからは、二人で力をあわせて、明るく楽しい家庭を築いてまいります。今後とも末長いご指導とおつきあいのほど、よろしくお願い申し上げます。敬具

    終わりに

    新婚旅行先の写真などをビジュアルに使うなどの工夫のうえ、自分と結婚相手の連名で、結婚式後1カ月以内に出すようにしましょう。

    印刷の手紙や葉書での礼状には、自筆のコメントを記して、通りいっぺんでないその人への感謝の気持ちを表します。

    披露宴に出席の方は自分たちの結婚を、リアルタイムに共に喜んでいただいた特別の方で、今後も末永く二人を見守っていただきたい人々だと自覚することで、感謝の気持ちも自然にわいてくるというものです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人