\ フォローしてね /

1斤型で焼く「三つ山の山食」の作り方

はじめに

1斤型を使って、3つ山の山食を焼きました。水分はミルクだけの贅沢な食パンです。

そんな「三つ山の山食」の作り方を紹介します。

材料 (3~4人分・1斤型分)

  • 強力粉(ゴールデンヨットを使用) 200g
  • 米粉 50g
  • インスタントドライイースト 小さじ1
  • 砂糖 15g
  • 塩 4g
  • 牛乳 170g
  • バター20g
米粉は「もっちり!お米の粉」というグルテン入りの米粉を使っています。バターは無塩バターを使ってください。今回は発酵バターを使いました。
強力粉と米粉を混ぜています。米粉なしの強力粉250gでも代用できます。

-

-

「三つ山の山食」の作り方

STEP1:ホームベーカリーで混ぜる

材料を全部ホームベーカリーに入れて混ぜます。

手ごねよりもホームベーカリーやニーダーなど機械で混ぜた方がいいです。
1次発酵までおまかせです。

STEP2:生地を分割する

生地ができあがったら、3分割します。この時、真ん中が一番小さくなるようにします。今回は全体の重さが約470gだったので、165g、140g、165gと分けました。

1つずつ丸めておきます。

乾燥しないようにふきんなどをかけて、室温で20分そのままベンチタイムを取ります。

STEP3:成形

めん棒で生地を伸ばし、

2つ折りにし(型のサイズに合わせてください)、

端からくるくると巻いてロール状の生地にします。

こんな感じで巻き終わりを下にしておきます。

STEP4:成形2

3つとも巻きます。

この時、両端の2つは巻き目方向が、内側向きにくるようにしてください。右は反時計回りの巻き目、左は時計回りの巻き目になっています。

STEP5:発酵

型にオイルスプレーでオイルをします。

無印良品のオイルスプレーを使っています。パン生地がくっつかないようにするためです。

パン生地を並べ、オーブンで35度で40分。二次発酵をします。

STEP6:焼成

発酵が終わったら、オーブンの予熱をかけている間に茶こしで上から強力粉を小さじ1程度かけておきます。

オーブンは予熱をした190度の温度で20分焼成。表面がきつね色に焼けたらできあがりです。

オーブンの種類によって加熱時間は加減してください。濃い色の焼き目が好きなら30分程度焼いてもいいです。

完成!

しっかり膨らんだ3つ山の食パンができました。焼けた直後にまな板などに上から落として打ちつけておき型離れがよくなるようにしておきます。

型から抜くのは冷めてからでいいです。

切ってみるとこんな感じの食パンになっています。

米粉も入っているのでもっちりした食感でバターやジャム、サンドイッチ、何にでも合います。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。