1. 料理
    2. 新鮮で美味しいもやしの見分け方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    新鮮で美味しいもやしの見分け方

    はじめに

    家計の救世主、もやし。とくに食べ盛りの子どもがいる家庭や一人暮らしで食費が…となったときに大活躍する野菜です。

    一方で足がとても早い野菜の代表でもあります。そこで今回は新鮮で美味しいもやしの見分け方をご紹介いたします。

    新鮮で美味しいもやしの見分け方

    1: 瑞々しくピンとしたはりがある

    瑞々しく、ピンとしたはりがあるものを選びましょう。もやしは古くなってくるとしんなりとしてきます。ピンとはりがあり、硬さのあるもやしが新鮮です。

    2: 根が変色していない

    時間が経つと根が黒ずんできます。変色していないもやしを選ぶようにしましょう。

    3: 白くて太い

    色が白く、太さのあるもやしを選ぶようにしましょう。

    4: 葉のような部分が黄色い

    緑色の方がよいのでは?とおもわれるかもしれませんが、もやしは黄色いほうがいいです。出来れば黄色いものを選ぶようにしましょう。

    5: 豆が開ききっていない

    豆が開ききっていないものの方が新鮮です。

    6: 袋が密閉されており水が溜まっていない

    なるべく空気が少ないものを選ぶようにしましょう。また、もやしはいたむと水が出てくるので水が溜まっていないものを選ぶようにしましょう。

    おわりに

    いかがでしたか?もやしは足が早いので、出来れば2日位で使い切るようにしましょう。お味噌汁や野菜炒めにすると、意外とあっという間に消費できますよ。

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人