\ フォローしてね /

ペーパードリップでコーヒーを淹れる方法

筆者はコーヒーが好きです。

普段はコーヒーメーカーに頼っていますが、たまにはハンドドリップで淹れることも楽しんでいます。毎日おいしく淹れられたらかっこいいですよね。

「おいしく淹れるコツ」はわからないけど、ハンドドリップの楽しさが伝えられればと思います。

用意するもの

  • コーヒー豆
  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • コーヒーミル
  • ポット

ドリッパーについて

今回はカリタ社製のものを使っています。

カリタのドリッパーは3つの穴からコーヒーが落ちるようになっています。他社製品では、1つ穴のものやドリッパーの形が円錐のものなど、様々です。

ドリッパーの形によって、おいしい淹れ方も変わってくるようです。

まずは準備

STEP1

コーヒー豆の分量を量ります。マグカップ一杯当たり15グラムが目安です。
専用のメジャースプーンを用意すると便利です。いちいち量らなくても、スプーン一杯何グラムというように把握できます。
CHECK:このタイミングでお湯を沸かし始め、カップを温めておきます。

STEP2

ミルで挽きます。
細かく挽き過ぎないようにしましょう

コーヒーを淹れる

STEP1

沸騰したやかんからポットへお湯を移します。

ここで一呼吸入れて、お湯の温度を少し下げます。

筆者はお湯が熱すぎるとコーヒーの香りが飛ぶと考えているので、この一手間をいれます。

STEP2

最初のお湯をドリッパーの中央に注ぎます。

ポットから細くお湯が出るように、ゆっくり静かに注ぎましょう。

コーヒーが落ち始める前にいったん手を止めて、30~40秒ほど蒸らします。

STEP3

ドリッパーからコーヒーが落ち始めたタイミングで次のお湯を注ぎます。

小さく「の」の字を書きながら、一回目よりは手早く、でもやはり静かに注ぎます。

STEP4

あとは手を止めず適量になるまでお湯を注ぎ続けます。
ドリッパーの3つの穴から、「ぽたぽたぽたぽた…」と途切れないリズムでコーヒーが落ちるくらいのスピードで注ぎます。
ドリッパーにお湯が残っている状態で終了です。

おわりに

コーヒーは、淹れ方だけでもとても奥の深い世界ですね。

今回は著者のやり方を紹介しましたが、これが正解ということではないので、一例として読んでいただけたら幸いです。

自分でおいしい淹れ方を探索していくのも楽しいですし、プロの開催するコーヒー教室に参加してみるというのも興味深いですね。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。