\ フォローしてね /

箸袋で簡単!かわいい!あひる型箸置きの作り方(動画あり)

お店で食事をすると、お箸が出てきますよね。箸置きがなく、箸袋に入った箸だけが置かれているお店の時、テーブルやお膳の上に使いかけのお箸を直接置くのはさすがに気が引けるもの…。そんな時に役立つ、お箸が入っていた袋を、箸置きにのかわりにしてはいかがでしょう。今回はかわいい「あひる型箸置き」の作り方をご紹介します。一見難しそうですが簡単なので、折り紙が苦手な方にもオススメ!
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • こんなときに!

    お店で割り箸を使ったときに。箸の置き場にこまったときに。

  • ここが便利!

    不要な箸袋をつかって、その場ですぐに簡単に折れて実用的。箸をのせても安定感がある。

  • ここがオススメ!

    出来上がりがかわいいので、折り方を知らない人や子供たちに教えてあげたら、人気者になれるかも。

このライフレシピのもくじたたむ

やり方

STEP1:半分に折る

箸袋を半分に折って、真ん中に折り目を付けます。

STEP2:中心線に合わせて谷折り

真ん中に付けた線に合わせて、両端を谷折りします。

STEP3:もう一度谷折り

真ん中の中心線に合わせて、もう一度写真のように三角になるように谷折りします。

STEP4:裏返す

反対に裏返します。

STEP5:根元からジャバラ折り

根元からジャバラ状になるように、山折りと谷折りを同じ間隔で繰り返します。

両方をこの状態まで折ってください。

STEP6:半分に折る

真ん中から半分に谷折りします。

STEP7:くちばしを作って完成!

立ち上げた先端部分を鳥のくちばしに見立てて少し折れば、あひるの完成です。

簡単ですね!ぜひ次の会食時にやってみてください!

動画で解説

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。