1. 料理
    2. 和生菓子(大福)の常温・冷凍保存方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    和生菓子(大福)の常温・冷凍保存方法

    大福は、生菓子ですので賞味期限も短く、保存の状態により湿気でカビが生えてしまったりすることもあります。

    せっかく買ってきたのにカビが生えて台無し!なんていうことにならないためにも、しっかり保存し美味しくいただきたいものです。

    用意するもの

    • 大福
    • ラップ
    • フリーザーバッグ

    和生菓子(大福や団子)の保存方法

    STEP1

    購入した生菓子のパッケージに記載されている、賞味期限や保存方法を必ず確認し、それを基準に保存します。防腐剤が入っている物なのか入っていない物なのかや、中に入っている材料によっても保存の仕方が異なりますので、しっかりチェックしておきましょう。

    多くの場合は賞味期限内であれば、高温多湿の場所を避けて冷暗所で常温で保存出来ます。

    ただし、室温も上がるような夏場などは条件が変わってきますので、賞味期限に関わらず早めに消費する方が良いと思います。それが無理な場合や、早めに食べきれない時には冷凍保存すると良いでしょう。

    STEP2

    大福をラップにぴったりと包みます。

    STEP3

    フリーザーバッグに入れたら、空気を抜いてチャックをします。

    STEP4

    冷凍庫で冷凍保存します。

    冷凍保存期間は、約2週間です。

    解凍の仕方は、自然解凍後そのままお召し上がりになれます。

    少し硬さを感じた場合は、ほんの少しだけレンジで温めてから食べるようにすると、柔らかくなりますよ。

    温めすぎると、べとべとになって大福の原型がなくなってしまいますので、10秒ごとくらいにレンジを止めながら様子を見て温めるようにしましょう。

    おわりに

    和生菓子は、とてもデリケートなお菓子ですが、きちんと保存しておけば保存後も美味しくいただくことが出来ます。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人